【 2008年 12月 31日 】
4chMTR・PORTA ONE(TASCAM)
いつもありがとうございます。

2008年も残すところあと一日の大晦日です。
どのみち、今日は、年の瀬のゴタゴタになりますので、年内最後のエントリーはこれにします。
今年の後半は、鉄ちゃんネタやら、思い出ネタが出てきましたので、その総決算というところでしょうか。(笑)

b0036205_636792.jpg
TASCAM MINISTUDIO 「PORTA ONE」

ティアックの業務用音響ブランドTASCAMから1984年(昭和59年)に発売された、「PORTA ONE」です。
b0036205_6385955.jpg

b0036205_6464677.jpg
入力端子

b0036205_6472176.jpg
出力端子と電源端子
電源は、専用の15ボルトアダプタを使用する

クローム/ハイポジション (Type II/CrO2)タイプコンパクトカセットを使用し、そのまま4チャンネル録音再生ができるようになっています。
(速度は倍速ではなく、定速〈毎秒4.75センチメートル〉です)
ノイズリダクションシステムは、dbxを採用しています。
乾電池でも駆動できる仕様で、まさにポータブルスタジオといった設計思想です。
当時、7万円近くしたと思います。
地元の商店街の家電店で、商品の説明をして取り寄せてもらったのを記憶しています。
b0036205_6415142.jpg

ミキサー部は、本格的なものに引けを取りません。
チャンネルの組合せ次第では、かなりの多チャンネル録音も可能で、ミックスダウンも多用です。
この機器で、ミックスダウンのおもしろさや重要性を覚えました。
ナイアガラ師匠が、ミックスダウンにこだわる理由が、よくわかりました。

この機器は、「紐育(NewYork)」(1986年4月)から導入し、新しい音づくりに明け暮れることになります。
特に1987年には、4作を製作し、「TO MIDA」、「NO THIS NIGHT」は、その技術的な面でも最高潮に達した頃です。
また、簡便録音した「HASIKAWA SPECIAL」では、ピンポン録音(チャンネル間ミックス)をしないでミックスダウンしたのですが、デモテープ的な作りがかえって功を奏し、意外によい仕上げになったりもし、ポータブルスタジオの面目躍如といったものになりました。

この後、レコーディング活動が休止状態になり、その間に、ハードウエアはめざましく進歩して、いまやSDに記録するものが出ているようです。
このPORTAONEの時代には、テープの相性で録音が上手くいかなかったり、録音は上手くいっても再生時にテープが引っかかったりと、音質の確保にいつも悩まされていました。
デジタル操作になった今では、まったく心配の要らないことですが、かえってテープの音に憧れる向きもあるようで、マルチトラッカーのあいだでは、未だに人気のある機種だそうです。

メンテナンスもしていませんので、正常稼働しないと思いますが、機会があれば整備して、また、ミックスダウンの醍醐味を味わいたいと思います。
[PR]
by torimie | 2008-12-31 07:12 | 音楽 | Comments(8)
Commented by aragain at 2008-12-31 09:58 x
・・・それでは、

音楽ネタではさすがに同世代、「あの頃」が蘇ります。

以前にも書き込みをしましたが、私も熱中していました。
使用していたのはYAHAMAのCMX-100(その後CMX-100Ⅱへ)でした。
仕様はtorimieさんのものとほとんど同じようですが、テープ速度は倍速も
選択できます。

ところで、古い音源(テープ)といえば、先日達郎さんが面白いことを話して
いました。

CD化の際、通常は「1stジェネレーション」のマスターテープが一番いい音
であると思いがちですが、複数回再生した「1st」より、未再生の「2ndジェ
ネレーション=1stのコピー」のテープの方が良い音がするケースがある
そうです。

経年劣化に加え、(当然ですが)テープがヘッドを擦る回数が多ければ多い
ほど物理的に劣化が進むらしいです。

そういえば師匠の「ロンバケ」も、当時(80年)のオリジナルマスターは劣化が
著しく、現在使用しているマスターは91年にリマスターした際のものを使用し
ているようなことを聞きました。

ということで、良いお年をお迎え下さい。


Commented by at 2008-12-31 13:26 x
torimie様
今年はブログを楽しみに毎日、拝見させていただきありがとうございました。
私はtorimieさんのブログの意味ははっきり言ってチンプンカンプンで意味が分からないことが多かったですが、一生懸命読みました。
鉄道の話が一番、意味が理解できたくらいです。
すいません。。。
たろちゃん共々、来年も宜しくお願いします。
鉄道の話…またブログで書いてください。たま~にで良いので^^
良いお年を迎えてください。
Commented by 歩瑠(ぽる) at 2008-12-31 16:27 x
1年ご苦労様でしたっっ!!!

来年も宜しくお願いします!!!^^
Commented by 花芸 at 2008-12-31 17:35 x
TASCAM MINISTUDIO 「PORTA ONE」
欲しかったんですがぁ。
いらんもん買いすぎて、手が出なかった^_^;
今年も何とか無事に過ごせて「ほっ」です。
来年はどうなる事やら?
39会頑張りましょう!
「週刊昭和」2008年11月18日
取りあえず創刊号は買っちゃいました。
Commented by torimie at 2008-12-31 22:38
★aragainさん
CMX-100も、当時の名機のひとつですね。
スイッチで、テープ速度を倍速に切り替えられるところが、大きな相違点でした。
TASCAMにもあったのですが、買えなかった…むむ、うらやましい…。

マスターテープの件は、貴殿からの新春放談内で語られていたと思います。
考えてみればその通りで、コピーの劣化よりも、再生劣化のほうが進んでしまうという、
まあ、それだけ売れていたという証拠でもあるわけですが。

ということで、よいお年を!
Commented by torimie at 2008-12-31 22:41
★姫さん
いつもご覧下さり、ありがとうございます。
これからも、イミフな内容になるかもしれませんが、出来る限りわかりやすく表記することを心がけて参ります。

鉄ちゃん関連は、また、随時、エントリーしたいと思います。
風邪を早く治して、よいお年をお迎え下さいね。
Commented by torimie at 2008-12-31 22:43
★歩瑠(ぽる)さん
今年も無事に一年を乗り切れてよかったですね(って、そこかよ!)

来年もよろしくお願いしますです!
Commented by torimie at 2008-12-31 22:53
★花芸さん
やはり、あなたもその世代ですもんね!
で、確かに、高い買い物でした。

いい話の出ない2009年ですが、じっと耐えて乗り切りたいものです。

私は、昨年になりますけど、「週間昭和タイムズ」(デアゴスティーニ・ジャパン刊)のほうを買いました。
これまた、創刊号(39年)だけですが(笑)
奇しくも、この年、ホンダがF1に参戦したんですよねー。

ところで、そっちの「特集 東海道新幹線、開業」が、気になるなー。(笑)
名前
URL
削除用パスワード



<< 謹賀新年 |  ▲最新記事へ  | 年末の用事(2) >>