【 2009年 04月 21日 】
レインフローの加工と事務
いつもありがとうございます。

15℃もある暖かい朝でしたが、日中は18℃に届かない気温でした。
朝から夕方まで雨で、東南東の風も強く吹き付けてきました。
予報では大雨模様だったのですが、それほど大した雨にはなりませんでした。
しかし、河川を見るとかなり水量も多く、濁っていますので、川上(こちらでは山間部)あたりは雨量も多かったようです。
被害のないことを願います。

さて、そんな天候でしたので、S邸のひさし張替えの加工、I邸の雨といの細工などです。
I邸の玄関雨とい取り替えは、現状、化粧くさりで落としてありますが、今回、パナソニック電工の「レインフロー」という商品を使ってみることにしました。
化粧くさりの難点としては、強風であおられる、風で水しぶきが飛ぶ、ちぎれてしまうなどがありますので、今回、少し趣向を変えてみることにしたわけです。
b0036205_5452722.jpg

レインフローのたてとい本体は、厚さ1ミリのアルミ合金製で、直径25ミリ、長さは3,300ミリです。
直径25ミリとは細いのですが、パイプの中を排水するのではなく、表面を伝って流します。
しかも、たてとい表面を光触媒の超親水性塗膜でコーティングしてあり、汚れも付きにくいのです。




ただし、今回取り付ける雨といは、N3.5IIですので、このレインフローは対応していません。
しかも、ドレンではなく集水器で落とすので、「レインフロー部品セット」(ドレンなど排水用)を使用しませんから、落し口の加工が必要です。

うまい具合に、化粧くさりの「くさり取付具」がありましたので、それを利用することにします。
軽く合わせてみると、サイズ的には、そのままはまりそうなんですが、やはり一部加工が必要です。
ゆるくならない程度にヤスリで調整します。
b0036205_5494363.jpg

さらに、たて樋の表面を水が伝って落ちることから、そのままのクシ状では、すぐにゴミなどが詰まってしまいますので、何か所か折ってすき間を作ります。
集水器の上から見ても、流れやすそうになりました。
流水試験をしてみましたが、水の流れ具合も、狙い通りにいきそうです。

最後に、集水器にくさり取付具を接着剤でしっかり固定して、完成です。
念のため、重しを置いて接着固定しました。

メーカーとしては「中庭や玄関庇、庭に面した下屋などへの設置がおすすめです」と謳っていますが、個人住宅の玄関ひさしですと、今回のようなN3.5IIになりますから、その対応部品も欲しいところです。
現行部品の派生で出来そうですから、小口への対応を増やせば、おもしろい商品展開だと思いますが、いかがでしょうかねー。
それにしても、トップページのFLASH、なんとかならんのかねー。(苦笑)
[PR]
by torimie | 2009-04-21 23:32 | 今日の業務 | Comments(6)
Commented by k-bankin at 2009-04-22 22:20
>レインフロー

へー 知らなかった。 φ(.. ) メモメモ

風でもフラフラせず、いいかも!
Commented by torimie at 2009-04-22 23:57
★越前山さん
昨秋にパンフレットをもらったときは気にも留めていませんでした。
今回、ふっと思い出し、お客様に勧めてみたら、OKが出ました。

こちらは、高さ(長さ)2メートルちょっとですが、結構しっかりとしていますよ。
少々の風でも大丈夫みたいです。
Commented by 太郎丸 at 2009-04-23 00:22 x
>トップページのFLASH、なんとかならんのかねー。(苦笑)

昨今の仕様のようです(笑)
Commented by torimie at 2009-04-23 00:32
★太郎丸さん
初めての訪問時ならともかく、再訪問時は、うっとうしいだけ。
これといった情報もないFLASHなど、無用そのもの。
見に行くほうは、暇じゃないんです。
ただの待ち時間の無駄。
こちらは、情報が欲しくて訪れているのに。
Commented by しげと at 2009-04-23 05:33 x
お世話になります。
>レインフロー・・・

すぐに興味を持ち、調べてみましたが、


北陸には、まだ対応・・・試験中だそうです。


試験的に付けている、メーカーの営業者に聞いたところ、レインフローを流れる水が、凍りそれがだんだん太くなっていくそうです。
あとは、軒樋に負担をかける雪の対策ですね~
近年は雪もだいぶん少なくなってきたので・・・問題はないと思いますが・・・


でも!試したいですね~  水路を観るというのも、良いんじゃないかなぁ


Commented by torimie at 2009-04-23 06:06
★しげとさん

そうでしたか、北陸では凍害の恐れがあるので未対応なんですねー。
気が付きませんでした。

>流れる水が凍りそれがだんだん太くなっていく…

うへっ、それはそれで、見たいものですけどねー。^^

現場の流水試験(っていうと大げさで、実際には、現場のジョウロで樋に水を流すだけ)では、宣伝みたいには流れず、水のスジになっていました。
ま、少しなじむと変わるのかもしれませんが。

ともあれ、実際の降雨で見てきますね。
名前
URL
削除用パスワード



<< 日永・I邸(雨とい)と鵜の森・... |  ▲最新記事へ  | 日永・I邸(柱根巻) >>