【 2010年 08月 24日 】
名張・M邸(カバー屋根1)
いつもありがとうございます。
「屋根雨漏りのお医者さん」

今朝は27℃。日中は33℃。
しかし、本日行った名張付近は、35℃でした。

さて、棟屋部分の雨漏り修理で、カバー工法です。
野地や垂木が不要で、勾配も少なくて済むので、こういった場合のカバー工法には最適です。
まったく勾配のない屋根(?)に、下地を取り付けて、勾配屋根とします。
b0036205_6183920.jpg

軒先を出して雨といを取り付け、周囲は板金役物で仕上げます。
屋根強度も大きいですし、これならば、雨漏りの心配もなく、安心ですね。

2階屋根への資材上げが大変でしたが、屋根施工、雨とい取り付け、細部始末までできました。
同日に、内装屋さんと足場屋さんも来て、現調してもらいました。
このあとの日程をあらかた打ち合わせし、撤収です。
[PR]
by torimie | 2010-08-24 23:13 | 今日の業務 | Comments(2)
Commented by るーふぁー at 2010-08-26 06:32 x
この手が在りましたね。(笑)

お見事。
Commented by torimie at 2010-08-26 12:51
★るーふぁーさん
あんがとさん、です。

とにかく、資材を最小限に、成果を最大限に、と、考えてみた次第です。

なかなかうまくまとまりましたよ♪
名前
URL
削除用パスワード



<< 十志・J社(現調)&笹尾・I邸... |  ▲最新記事へ  | 笹尾・I邸(棟積み直し1) >>