【 2011年 03月 07日 】
S邸・拾い出しの精査して発注
いつもありがとうございます。

今朝は4℃。日中は10℃。
昨夜からの雨は、お昼前に上がり、午後からは北西の風が強くなり、また、寒い日になりました。

さて、そんな雨で迎えた週明けですが、拾い出しの続きです。
昨日からCADで描いていた図面に、サイディングの働き寸法で割り付けを入れ、材料を数えます。
同時に、役物類、シーリング長さ、下地材も、カウントしていきます。

エクセルでそれらの一覧表を作り、延べ数を材料単位数にしたり、梱包数にしたりしておきます。
簡単な数式でできますので、延べ数量に変更が出ても、1箇所書き換えるだけで材料数も変動していきます。

さらに別シートには、それらを根拠にした、実際の発注数量、実行予算なども作成しておきます。
これも、最初のシートの数値を参照させるか、先頭の数値を入力するかしておけば、あとは、ラクラクです。

今回は、サイディング発注の経路が、通常と異なりますので、発注用の数量指示書を作り、ファクシミリで送信したら終了です。
(ここでファクシミリというところが、ミソ?w)
不要書類を破棄し、整理したらファイリング。
このとき、あとで計算の根拠メモが欲しいときがありますので、なんでもかんでも捨てずに、コピーで複数枚をまとめたり、縮小させたりして、ある程度保管しておきます。

実際の数量・金額が出たところで、見積り内容で問題ないかどうか、チェックします。
予算の上限が決まっているので、増額することはありませんが、赤字でも困りますし、どの辺に問題点があるかを確認しておきます。
今回は、初回の数量出しにやや難有りですが、全体としてはまずまず合格ラインといったところです。
工程上、協力業者さんに入ってもらっても、大丈夫そうです。

やれやれと、なったところで、病院へ行ってリハビリして、終了です。
[PR]
by torimie | 2011-03-07 23:27 | 今日の業務 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード



<< 伊勢・T邸(再現調) |  ▲最新記事へ  | 啓蟄でCADから割り付け >>