【 2011年 10月 15日 】
坪拾いの導入&富田・H邸(雨漏り調査)
いつもありがとうございます。
屋根雨漏りのお医者さん(R)

午前中は、「坪拾い」の導入に伴い、メーカーから導入指導でした。
前日までに届いたパッケージから、ソフト本体のインストール、設定を済ませ、
使い方のレクチャーを受けました。
紙媒体の図面、手書き図面、採寸してきた場合、データ形式の場合など、
ひととおりのパターンで、勉強をしていきました。
リースですので、毎月それなりの経費がかかっていきます。
大変便利なソフトですので、時間と手間の短縮があって、その分のメリットを引き出さないといけませんね。
うまく使っていくことにしましょう^^

午後は、所用があって、その後夕方前、弊社近くのお客様へ雨漏り調査です。
通常のコールセンターからお問い合わせいただいたのですが、
さらに独自に電話帳で住所から調べて、弊社に直接お電話をいただきました。

はじめ、対応している私のことは、ネット上で知り得たわけですが、
よく伺ってみると、親父殿が昔からお邪魔していたところのご兄弟でした。
親父殿が地元の板金屋へ住み込み修業していた頃から、ご存じだったのです。
もちろん、そのご近所のことも互いに熟知しており、
仕事の話よりも、あの人は今どうしてる?なんて話に花が咲きました^^

室内の雨漏り状況を確認して、屋根上は雨が上がったらあらためて伺うこととしました。
陶器瓦ですので、少しでも水分があるとツルツルに滑ってしまいます。
窓から顔を出して見た感じでは、瓦の納まり部分に不具合がありそうです。
後日、時間を取って屋根に上がりたいと思います。


http://www.facebook.com/torimie
http://twitter.com/tori_mie
[PR]
by torimie | 2011-10-15 23:17 | 今日の業務 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード



<< 久々に新機PC導入 |  ▲最新記事へ  | 菰野・I邸(雨とい1)&桑名・... >>