【 2012年 10月 26日 】
保護者面談→桑名・K邸(屋根準備)
いつもありがとうございます。
屋根雨漏りのお医者さん(R)

朝の冷え込みは寒く感じるくらいの季節になってきました。
一気に秋まっただ中です。

さて、朝一から、息子の保護者面談で鈴鹿高専に行ってきました。
おかげさまで、典型的な理工系のパターン(理数英に強く文系に弱い)の成績は、ひとまず問題はないようで、今後の進路についての面談でした。
鈴鹿高専の進路状況などをお聞きし、これから、本人の意志も確かめながら進めていくことになります。
あと2年半、どうなりますか。

所用を済ませてから、午後は、桑名のK様へ向かいます。
銅板と日本瓦の屋根ですが、瓦と銅板が接触する部分に穴があいています。
b0036205_649788.jpg

今回は、接触する段だけ、重ね葺き(もしくは取り替え)を行ないます。
まずは、瓦をいくらかめくって、納まり確認と加工の採寸などの準備作業です。
重ね葺きの場合は、ハゼの重なりが膨らみすぎることがあるので、部分取り替えも考えておきましょう。
週末の雨に備えて、仮復旧して終了です。


http://www.facebook.com/torimie
http://twitter.com/tori_mie
[PR]
by torimie | 2012-10-26 23:34 | 今日の業務 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード



<< 銅板加工と事務作業 |  ▲最新記事へ  | 伊賀・屋根工事応援withシバチャン >>