【 2013年 12月 04日 】
12/4・所用→磯山・I様(水切り下地など)
12/4いつもありがとうございます。

今朝は3℃。日中は14℃。
風も弱く、暖かい一日となりました。

さて、午前中所用と段取りのあと、鈴鹿市磯山のI動物病院様にて、雨漏り修理工事着手です。
鉄骨造2F建ての折板屋根からの雨漏りです。
屋上に看板部分があるのですが、その鉄骨柱が折板を貫通しており、貫通部分の納まりがダメでした。
b0036205_05941100.jpg

鉄骨柱を切り抜いたあと、周囲コーキングのみで納めてあったのですが、折板の谷部分まで切り込んでいるので、ほんのわずかなスキマ発生でも、大きな雨漏りになってしまいます。
この下の室内では、長い期間雨漏りに悩まされ、大変ひどい状態になっていますが、この納め方では無理もありません。

今回は、切り込んだ折板部分を、折板ごとカバー水切りで覆います。
もちろん、下地を取り付けてしまう前に、万が一のためのコーキング処理を済ませています。
角材で高さ調整してから、合板を張って下地とします。
今日のところは、ルーフィングを張って養生と採寸まで。
カバー水切りを加工してから、後日、取り付けます。


小田板金のページ
屋根雨漏りのお医者さん(R) 三重県
フェイスブックページ
ツイッター
雨漏りドクター(R)/宮崎・鹿児島の挑戦!
[PR]
by torimie | 2013-12-04 23:56 | 今日の業務 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード



<< 12/5・伊賀・K様(材料搬入... |  ▲最新記事へ  | 12/3・伊賀・K様(野地板+... >>