【 2014年 01月 05日 】
1/5・しまかぜで神宮へ
1/5いつもありがとうございます。

今朝は1℃。日中は8℃。
北寄りの風が強く吹き、寒い一日になりました。

さて、始業してすぐに日曜日ですが、本日は、伊勢市まで出かけることになりました。
近鉄の観光特急「しまかぜ」50000系に乗って、神宮を参拝します。

しまかぜは、途中、四日市に停車するのでそこから乗車可能でしたが、せっかくですので始発から終点まで乗車しました。
乗車券は、伊勢神宮参拝きっぷで、松阪から賢島間はフリー乗車でき、バスもフリー付きという優れもの。
特急券は、チケットレスサービスを使いますので、特急券無しタイプをチョイス。

地元から名古屋までは、21000系アーバンライナーplusのDXシート車。うふ。
ギリギリの折り返しも可能でしたが、万一のことも考えて1本早い名古屋入りw
10:25名古屋発のしまかぜに乗車ですが、入線段階からカメラマン多数でしたね。
b0036205_2335983.jpg

座席予約が難しい列車ですので、取れたのは最後尾車両ですが、先頭と最後尾はハイデッカー車。
他の車両よりも腰が高く、思いのほか快適です。
近鉄特急列車初のフルアクティブサスペンションの乗り心地は、快適そのもので、本皮仕様のプレミアムシートも、実に素晴らしい出来映えです。
ウィンドカーテンも電動なのですが、スイッチを探して焦ったのはナイショです。

JR特急も含めて、今どき珍しいカフェ車両(いわゆる食堂車)もありますので、当然、利用します。
b0036205_234356.jpg

伊勢の地ビールをはじめ、伊勢エビピラフ(ロブスターじゃありませんって)など、いただきました。
列車内限定グッズも、お買い求めー。
車内には、プレミアムシートの他、和洋個室もあり、グループ利用も楽しそうですね。
賢島到着は12:25で、伊勢市までは四日市のみの停車ということで、他の特急よりも10分ほど早いです。
賢島駅のホームでは、各種特急がそろい踏み(たまらん^^)

賢島からは、すぐに折り返しして、23000系伊勢志摩ライナーの赤色への塗色変更車(通称:伊勢エビ)のサロンシートを確保。
観光列車「つどい」の利用も考えたのですが、時間が合わずに断念しました。
めったに乗れないサロンシートを満喫して、伊勢市に到着。
b0036205_234773.jpg

伊勢市駅からまっすぐに進むと、外宮です。
外宮では、せんぐう館を見学しましたが、これはかなり見応えのある展示ばかりでした。
とくに、外宮殿舎模型や原寸大模型、大工道具などの展示は、じっくりと時間をかけて見たいものでした。

内宮への移動はバスですが、予定していた神都バスは、すんでの所で間に合わず、残念。
途中で写真だけ納めました。
内宮は、思ったよりも混雑しておらず、参拝規制もなく、スムーズに拝むことが出来ました。
宇治橋を戻って、内宮参拝終了。

おかげ横丁を日暮れまで散策し、私はあちこちで買い食いとビールですね^^
カキフライの串がことのほかおいしかったです。
女性陣は、アクセサリーなどを散策し、伊勢参拝を堪能しました。

帰路の乙特急は、期待していた22600系ではなく12200系でしたが、無事に帰着。
最後に、白子駅に着いた折、テラケンさんとばったりと遭遇!
そういえばテラケンさんも伊勢市にいたのでしたね、奇遇です。
ともあれ、しまかぜと伊勢志摩乗り鉄、完了です!



小田板金のページ
三重の屋根雨漏りのお医者さん(R)ブログ
フェイスブックページ
ツイッター
[PR]
by torimie | 2014-01-05 23:59 | その他 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード



<< 1/6・伊勢・T様(雨漏り調査... |  ▲最新記事へ  | 1/4・仕事始め >>