【 2016年 03月 01日 】
3/1・松阪・某所(テラス雨漏り修理)
3/1いつもありがとうございます。

思いがけない朝の雪の影響で、朝はドタバタしましたが、水切りの加工を済ませて、お昼前に松阪市へ向けて出発。
午後から、現場入りできました。
昨日、雨の中の探索で追い込んだ場所を、さらにかき分けて進めます。
b0036205_05142062.jpg
テラス屋根の構造と、雨の中で確認した伝わり方とを考え、目星を付けながら調査。
やはり、想定したとおりの部分がありました。

本来なら、雨とい部分、軒先部分として外部に出ているはずのところなので、部材からの少々の水漏れはまったく問題ないはずです。
しかし、2Fバルコニー部分に「増築」したサンルームのような感じになって、雨とい部分が室内になっています。
それと、その部分に取り付けを想定していないため、アルミの部材の納まりも雨仕舞い優先ではなく、取り付け優先になっています。
それらが絡み合い、部材端部からの雨の侵入が発生していました。

原因箇所のコーキングなどを丁寧に除去し、再度、雨漏りの浸入ルートを確認。
部材の構造をチェックしてから、修理モードへ。
日暮れも近くなってきたので、先行しておきたい場所の補修をします。
構造上、コーキングに頼らざるを得ないのですが、しっかりと施工していきます。
肝となる場所の補修をしたところで、今日もサスペンデッドで終了し、お客様に写真とともに状況報告。
次は、水切りの再取り付けなどして、復旧していきます。

今朝は-1℃。日中は4℃。
深夜からちょっとした雪が降り、朝は軽いパニック。
午前中を中心に小雪が舞うような天候で、真冬の気温で厳しい寒さでした。 -end-


[PR]
by torimie | 2016-03-01 23:23 | 今日の業務 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード



<< 3/2・川越・M様(倉庫屋根葺... |  ▲最新記事へ  | 2/29・石油ストーブの点火ヒ... >>