【 2016年 02月 29日 】
2/29・石油ストーブの点火ヒーター交換
2/29いつもありがとうございます。

先日来から、石油ストーブの点火ヒーターが点かなくなっていたので、部品を探して交換してみました。
事前に、電池の交換と電圧がOKなのはチェック済みでしたので、ヒーターの断線ということです。
b0036205_06103135.jpg
本体は、コロナ社製のRX-2211Yで、ネット上に取扱説明書もありました。
それによると、ともかく交換部品を用意せよ、ということなので、これまたネットで検索。
すると、SX-2100Xという部品を発見、電子点火式以外の機種はどれでもこの汎用部品でOKみたいですので、それを熱帯雨林にて注文、翌日に届きました。

早速、ネットで見つけた取扱説明書をスマホで見ながら、交換作業に入ります。
といっても、作業は極めて簡単。

・乾電池と燃焼筒を取り外す。
・リングフタのビスを緩めて外す。
b0036205_06103056.jpg
・古い点火ヒーターを、左に回しながらソケットから外す。
・新しい点火ヒーターを取り付ける。
・このとき、点火レバーを操作してソケットを少し手前へ出すか、指が入りづらいのでラジオペンチなどを使ってソケットにはめ込みます。
・ヒーターガードを下側にするのを間違えないようにし、元のように回してはめ込んだらOK。
b0036205_06103042.jpg
・リングフタを元の位置に固定し、乾電池を戻して、作業終了。

点火テストは、見事に赤い点火で、着火OK。
作業時間は就寝前にチョイチョイで10分、部品代は700円でした。 -end-


[PR]
by torimie | 2016-02-29 23:59 | DIY | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード



<< 3/1・松阪・某所(テラス雨漏... |  ▲最新記事へ  | 2/29・松阪・某所(テラス雨... >>