【 2016年 05月 13日 】
5/13・松原・T様(現調)→F24アトラス車検入庫→朝明・I様(見積り説明)→桜花台・Y様(雨漏り修理)
5/13いつもありがとうございます。

今日は、まず、四日市市松原のT様からスタート。
ちょうど築10年を迎えようとしているそうですが、雨漏り発生。
外観の見た目は大きな問題は無いようですが、天井裏を確認すると、雨漏りの確かな形跡があります。
予想される原因はいくつかありますが、修理工事内容の範囲の決め手に欠けます。
新築当時の業者と連絡が取れないそうなので、保証問題も少々やっかいそうです。
まずは、お見積もりします。
b0036205_05373079.jpg
次は、F24アトラスちゃんが車検のために、整備工場へ入庫。
今回は、フロントタイヤがすり減ってきたため、タイヤ交換もお願いしてきました。

と、そこへ、先ほどのT様から「別の場所の壁紙の汚れは雨漏りだろうか?」との入電。
整備工場からの足でT様へ伺いその壁紙を確認しましたが、場所やまわりの状況からみて、雨漏りではないようでした。

昼食後は、昨日の白山の某施設の足場計画等の資料作成。
どうやって足場をするか、どこまで足場が必要か、いろいろと悩む事案です。

そうこうするうちに、朝明のI様へ伺う時間となり、出発。
連休前にお送りした見積り内容について、ご説明。
全部で5ヶ所分となっているので、さすがにお客様にとっては、見ただけで理解するのは不可能です。
細かく説明してご理解をいただき、概ねすべての工事範囲をOKいただきました。
着工までに時間がかかりそうなので、応急対策を何か考えます。

さらに移動して、桜花台のY様まで。
けっこう急勾配のコロニアル屋根なので、屋根上の対策を準備して向かいました。

数年前に雨漏り修理したところの、ちょうど反対側での雨漏り発生。
屋根形状が対称形なので、原因箇所もほぼ同じ様子ではありますが、こちら側は過去に補修歴もあり、少々違いました。
外観上は問題無しなので、棟笠木を外してみて、内部を確認。

すると、下葺き材のルーフィングにおかしな部分を発見。
きちんと張り詰められていなければいけないのですが、一部、めくり上がっているような感じで、その部分は雨仕舞いとしては要の部分。
下地合板にも雨が入り込んだような跡もあります。
ひとまず、ルーフィングを手直しし、コーキングで各所対策しましたので、しばらく経過観察してみることにします。

帰社して、片付けと各所連絡して、今日も少し遅い時間までとなりましたが、業務終了です。

今朝は16℃。日中は24℃。
朝のうちは曇りましたが、日中は晴れて暑いくらいになりました。 -end-


[PR]
by torimie | 2016-05-13 23:34 | 今日の業務 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード



<< 5/14・三重県板通常総会→U... |  ▲最新記事へ  | 5/12・楠・H社(SLT取付け) >>