【 2016年 07月 22日 】
7/22・東坂部・I邸(雨漏り対策)&竹成・某施設(雨漏り対策)ほか
7/22いつもありがとうございます。

今日は珍しく、同じ元請けさんの別々の監督さんの現場を2件回りで、内容はどちらも雨漏り対策でした^^。
b0036205_05592230.jpg
午前中は、四日市市東坂部のI邸にて、2F屋根の谷とい部分からの雨漏り。
10年くらい前(時期不明)に工事した建物ですが、2F屋根の谷とい部分が少々ややこしい納めになっていました。

瓦をめくろうとすると、アシナガバチがブンブンと!!
予想はしていたので、準備してあったジェット式殺虫剤を散布、事なきを得ました。

さらに、内部には、藁がたくさん詰まっており、鳥の巣になっていたようです。
できる限り内部のゴミを取り除き、流水試験もして、とりあえずの対策は完了。

新築当初は、谷といを隠すような考え方でこうなったのでしょうけど、雨仕舞いでいえば、無理があるでしょうね。
屋根納め形状を変更しない限り、数年ごとに今回のような作業が必要でしょう。

一旦事務所に戻り、いくつかの事務仕事。

午後の後半は、菰野町竹成の某施設へ。
6年前に施工したスカイライトチューブの雨漏りということで、まずは状況確認から。
ん?当方の施工ミスか??

天井裏へ上がり、雨漏りの痕跡を調査。
結果は、コンパネ等の屋根地には痕跡無し、
チューブ本体に、雨が伝った痕跡があり、どうやら本体部材からの雨漏りのようです。

続けて屋根に上がって、ルーフベースやドームの状態を確認。
むむ!
ルーフベースの一部に、不具合箇所とおぼしき部分を発見。
平部と立上がりの接合箇所ですが、どうもそのあたりが極めて怪しいです。
位置関係からすると、ビンゴと思います。
どうやら、当方の施工ミスでは無かった可能性が高く、ホッとします。
(確定ではありませんけどね^^)

ひとまず、シリコンコーキングにて、対策。
部材そのものを交換するのがベストでしょうけど、それは元請けさんの判断に委ねます。
ついでに、室内天井のボトムプレート周辺も、虫が入らないようにパッキンなどで対策しました。

帰社途中に、次の現場の資材買い出しなど。
帰社してから、事務仕事をまたまた少々。
午前と午後で同じパターンを繰り返したという、変な一日でした。

今朝は24℃。日中は28℃。
早朝は雨が降りましたが、その後は曇天、気温は少し低いものの、蒸し暑い日でした。 -end-


[PR]
by torimie | 2016-07-22 23:59 | 今日の業務 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード



<< 7/23・小町のワクチン→N-... |  ▲最新記事へ  | 7/21・高角・K邸(足場打合... >>