【 2016年 12月 02日 】
12/2・白塚・I様(屋根工事)
12/2いつもありがとうございます。

津市白塚のI様にて、お稲荷さんの屋根工事です。
先日の続きからで、コンクリート製の屋根に取り付けた下地に、曲げ合板を張ります。
ちなみに、曲げ合板は、曲がる方向が長手方向と短手方向の2種類があり、今回は長手方向の曲げ合板で施工です。
b0036205_06074725.jpg
ルーフィングは、ビスの跡が出ないようにするためと、軒先部分では勾配が緩くなるので、二重張りとしました。
唐草回りは、下地胴縁の部分に当て板→唐草の捨て板→唐草とし、唐草の釘は見える部分に打たない(捨て板に引っかける)のできれいに仕上がります。

アール部分は、いろいろ検討しましたが、5寸ずつの割り付けとして、なんとかカーブ感を出しました。
辺部は直線に近く、真ん中あたりがアールがきついので、難儀です。

箱棟笠木の回りも、唐草仕様とし、捨て板して唐草で、釘は隠します。
ルーフィングとの取り合いは、片面粘着ブチルテープを貼り付けて、防水処理。
今日はここまでで、結局、用意した銅板一文字の本体は、1枚も施工できませんでした。
明日、がんばりましょう。

帰社して、不要な物を片付けて、今日も少し残業加工してから終業です。

今朝は9℃。日中は14℃。
日中は晴れて気温は上がったものの、冷たい北の風があり、寒い一日でした。 -end-


[PR]
by torimie | 2016-12-02 23:59 | 今日の業務 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード



<< 12/3・白塚・I様(屋根工事... |  ▲最新記事へ  | 12/1・紀伊長島・O様(高圧... >>