「ほっ」と。キャンペーン
【 2008年 01月 20日 】
石油ストーブの芯交換
いつもありがとうございます。

昨日と変わらず、寒い日になりました。
終日、曇り空で、時折、しぐれてきます。夕方から、雪かも、の予報ですが、どうでしょうか。
夜半までの時点では、降っていません。

さて、かねてから依頼のあった、石油ストーブの芯交換をやりました。
替え芯は、ホームセンターで購入してあります。

事前にネットで手順を調べてみましたが、何となくよくわからない。
珍しく、不安な状況での作業となりましたが、まあ、壊れたら壊れたときさっ(どうするよ)





詳しく書かれた説明書が付いていますので、よく読めば、間違えることもないようです。
本来、灯油を抜き、1日ほど芯を乾かせてから作業するのがよいようですが、そんなことを知ったのは作業終了してからです。(爆)
とりあえず、タンク部分とかにホコリが入らぬよう、養生とかはしましたよ。

当方のストーブは、「コロナ SX-D27WY」という形式です。
きちんと、形式にあった替え芯を購入してください。
b0036205_6102756.jpg

まずは、外ケースを外します。ビス4本ですね。
次に、案内筒リング、しん案内筒と外していきます。
スピンドルの注意がありますので、それに従い、スピンドルを動かします。
そして、しんを回しながら持ち上げますと、古いしんが外れます。

b0036205_6163470.jpg

結構、しんの先端が減っていますね。
今度は、新しいしんをはめていきます。とくに、先端を痛めないように扱います。
留め金具の位置がありますので、そこへきちんとはめ込みます。
内部から手で押え、なじませます。
そして、抜き取った逆の要領で、はめ込みます。

しん押え金具の位置とスピンドルの位置を合わせて調整。
しんの高さも確認します。
メーカー・機種にもよりますが、この機種では、ほとんど高さ調整などは不要です。
金具の位置に合わせたら、OKのようです。
b0036205_6275389.jpg

ここまできたら、あとは元に戻していくだけです。
取り外した金具等を元へ戻していきます。
耐震自動消火装置(おもりみたいなものが取り付いている)を作動させ、緊急消火を確認します。
最後に、ケースを元へ戻し、新しいしんへ灯油がしみこむのを待って(20分ほど)、燃焼テスト、緊急消火テストをすれば、完了です。

人によっては、分解した折に、あちこち外してピカピカに磨き上げ、タンク内の清掃も行なうようですが、今回は割愛です。(笑)
石油ストーブは、構造が単純ですので、しんの点検・交換をやっていれば、半永久的に使用できます。
ただ、古い機種になると、替え芯が販売されなくなっていきますので、早めにストックしておくのがいいかもしれません。

芯交換後は、燃焼も安定しています。
この調子で、いつまでも使い続けられるといいですね。
[PR]
by torimie | 2008-01-20 23:06 | その他 | Comments(10)
Commented by 歩瑠(ぽる) at 2008-01-21 12:29 x
最近はあまり石油ストーブ見なくなりましたね~~~

って言いながら 仕事場には3台ありますが・・・

3台の芯換えお願いしますm(__)m・・・(笑
Commented by いつき at 2008-01-21 19:18 x
石油ストーブの芯を交換できるとは知らなかったです(~_~;)

部品の交換とか自分でするのは良いですね。
大事に使いたくなりますもんね(^^)/
Commented by 太郎丸 at 2008-01-22 02:50 x
うあ。。。

しかしマメだなー、ほんまにw

石油ストーブの匂い、最近嗅いでませんねー

でも、近々嗅がなくてはならないのは先刻承知

それまでには体調万全で復帰しなくては!
Commented by torimie at 2008-01-22 05:51
★歩瑠(ぽる)さん
少ないようで、結構あるんですね。
我が方も、まだまだ数台あります。
餅が焼ける、お湯が沸かせる、そしてなにより、炎の暖かみがあります。

昔の形の「アラジン」タイプは、結構人気があるようですよ。

で、3台ですか。∠( ̄◇ ̄) アイアイサ-!!
Commented by torimie at 2008-01-22 05:53
★いつきさん
芯交換が出来るのは知っていましたが、自分でやれるとは知りませんでした(;´▽`A``

最近、DIYに、はまってきましたかねー。
やりだすと、愛着が出て、楽しいですよ。

オイル交換は、やってませんけどね(笑)
Commented by torimie at 2008-01-22 05:56
★太郎丸さん
あなたのまめなログインほどではありません^^

まもなく、ストーブ(灯油)と炭の匂いをかぐことになりますね。
それまでに、体調を万全にしましょう。
万全に臨んでも、ちょうどくらいですから(爆)
Commented by 太郎丸 at 2008-01-22 17:14 x
>あなたのまめなログインほどではありません^^

ぶは(‥;)

あぁ、ログイン関連でw
こんなことやってましたよー
官庁としては国内3番目だとか^^

http://www.secondtimes.net/metaverse/spot/20080121_inabe.html

>万全に臨んでも、ちょうどくらいですから(爆)

ですね( ̄ー ̄; ヒヤリ
Commented by torimie at 2008-01-23 05:24
★太郎丸さん
いなべ市の件ですね。
当地の新聞記事にもなっていましたので存じてます。

どれだけ波及効果があるかは未確定ですが、ワールドワイドな展開をしてみたという点では評価できるでしょう。
furanoさんやコバアキ部長の地元のことですし、今度伺ってみようと思います。

>ですね( ̄ー ̄; ヒヤリ

ですね!
Commented by 泣き人 at 2010-11-22 19:20 x
スピンドルピンをうっかりはずしてしまった。はめ戻すと、芯を上に上げると自動消火装置が作動してしまい芯が下がってしまう。ピンをはずすと上に上がりますが、自動消火装置が作動しません。原因がわかりません。教えてください。
Commented by torimie at 2010-11-23 05:52
★泣き人さん
詳細がわかりませんが、スピンドルピンとギアの組み合わせ具合がずれているのかもしれません。
芯を本体に入れるときのスピンドルピンの位置とか、再確認してみてください。

「対流型ストーブの芯交換で耐震装置が働なく - リサイクル - 教えて!goo」
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5516410.html

私が芯交換した折の説明書が残っていましたので、抜粋にて画像をアップロードしておきました。
参考にしてください。
http://picasaweb.google.com/torimie/FLmrLJ
名前
URL
削除用パスワード



<< 三重団地・S邸(高圧洗浄)と桑... |  ▲最新記事へ  | 競技大会のQ&A・NYAC編(... >>