【 】
2017年 11月 30日 ( 1 )

【 2017年 11月 30日 】
11/30・放射線治療22回目・機械故障&追加照射決定
11/30

7時過ぎ起床。

朝食
鮭の塩焼き、オクラの和え物、鯛みそ、牛乳。
b0036205_15484285.jpeg

リンパドレナージと自動運動。

検温巡回、血圧測定。
血圧は、先日来はなぜか110くらいが続いたが、また130台後半に戻った。
低けりゃ心配、戻っても心配と、どうしたもんか。

放射線待ちで、先週に買ってきた小説を読む。
このところ、青木祐子という作家のものを選んで読んでいる。
今回は、氏の書き下ろし最新作らしい。
『嘘つき女さくらちゃんの告白』(集英社文庫)

氏の『それは経費で落ちません』もそうだったが、ストーリーに二重三重の仕掛けがある。
後半になって、伏線がいっぱい出てきて、うわーそうだったのかーと唸らされる。
この『嘘つき…』も、まさにその路線で、さくらという女性を追って、かかわった各人にインタビューを取っているという形式だが、
エピソードが絡み合いすぎて、フィクションなのに、ものすごく現実感が出ている。

最後の顛末はここに書かないでおくが、そんな馬鹿なーと思いつつ、だから言ったのにーとも、とれる。
ハッピーエンドでもバッドエンドでもない。
思わず最初から読み直してしまう、そんな魅力にあふれている。
ただ、若干、気分は重くなるが…。

昼食、オプションメニュー。
煮豚きしめん、ジャーマンポテト、キャベツのサラダ、メロン。
b0036205_15485938.jpeg
安定の麺類、うまし!

午後も、放射線待ちで、かの書を読む。
なかなか、呼びに来ない。
ひょっとして、忘れている?

先に、夕方、大先生の回診。
とくになにもなく、追加照射を検討している、との話だけ。
N先生、G先生、T先生も、今日は素通り。

PCにて、月末作業。
それでも、放射線に呼ばれない。

ようやく、看護師さんから連絡が来て、なんと、放射線治療の機械に不具合があって遅れているとのこと。
そういえば、10日くらい前にもそんな話を聞いたが、その日は私は朝早かったので逃れたが、今回は巻き込まれた。

もう17時なので今日は無いのだろうか?と聞いたら、治療計画で進めているので、夜勤と交代してでも行うそうだ。
おやおや、担当の方々、たいへんだなー。
と思っていた矢先、17:10、ようやく放射線治療に呼ばれた。
22回目。

珍しく先に待っている人がいたが、遅れているので、そうなったのだろう。
その後、私の番。
治療自体は、いつもどおり、サクッと終了。
もう私でラストかと思ったら、まだまだ患者さんがいるそうだ。
ほんと、担当の方々、お世話様です。

時間的に、階段昇降は、戻りの登り1回だけ。
戻ってすぐ夕食。
鮪とハマチの盛り合わせ、ごぼうの煮物、卵とアスパラガスの和え物。
b0036205_15491968.jpeg
病院食での刺身定食(!)、2回目の遭遇だ。

18:30~シャワータイム。

コバアキ氏へのLINE連絡や、業務連絡各所。
所用があり1Fホールへ降りていたら、顔見知りの放射線治療のスタッフさんとすれ違った。
時刻は19時を過ぎている。
今までかかっていたのか、ほんとにご苦労様です。

病室に戻ったら、主治医のN先生が来て、今後の治療計画のお話。
先日のしこりは、全部、脂肪腫だったということで、ほかの心配はないそうだ。

しかし、わきの下のリンパ節廓清のとき、膜から出てしまっているガン細胞があった。
浸潤というやつだ。
先の手術時の説明で、1回目の切除手術で漏れたというよりも、すでにリンパ腺の膜から浸みだしていたという説明だったように思う。
だから、わきの下から鎖骨上へ転移したのではなかろうか、という判断だった。
(そういう生検結果だった)
放射線治療は、手術で取り除くことができない部分の、おそらくはバイパスして移動したガン細胞をやっつけるというのが目的。
それが、30回(60グレイ)の指針。

今回の判断は、ガン細胞が出てしまった(浸潤)であろう部分に、ピンポイントで追加照射するということだ。
念のために、ということができるかもしれない。
N先生は「そこまではしないという選択もあるが、私は強くお勧めしたい」と話した。
それは、まちがいなく必要な治療、ということだ。

年末に向けての、1週間の延長はなにかとかなり痛いが、ここまできているので、しっかり治したい。
ぜひ、それを受けさせてください、とお願いした。
5回分を追加照射し、合計35回(70グレイ)の治療となる。

合計35回(70グレイ)の放射線照射は、部位に使用できる一生分の照射量になる。
同場所には、二度と放射線治療は行えない。
今、しっかりと、治療したい。
N先生に、ゆっくりと頭を下げた。

寝る前に、リンパドレナージと自動運動。
なんだかんだあったので、今夜は、自動運動は予定の半数だけで、就寝時間になってしまった。
しっかり治すということと、入院が長引くことへの、複雑な気持ちを抱えて眠った。 -end-


[PR]
by torimie | 2017-11-30 23:00 | 病気 | Comments(0)



|  ▲最新記事へ  |