【 】
<   2009年 09月 ( 40 )   > この月の画像一覧

【 2009年 09月 30日 】
福崎・八幡神社(柱根巻き)
いつもありがとうございます。

今朝は19℃。日中は22℃。
終日、雨になり、肌寒い一日でした。

さて、昨日、採寸しておいた柱根巻きを加工します。
雨でしたので加工だけと思いましたが、雨があまり強くないので、夕方には取り付けてきました。

各事業所により、様々な加工方法があると思いますが、これは、三方+一方のやり方です。
b0036205_5425838.jpg

上部には、ちょっとだけ飾りを入れます。
フクリン出しの型を使ってたたき出し、切り込み、定盤上でならして、丸ヤスリ等で仕上げます。
そのあと、ハゼ加工し、角に曲げます。

取り付け時は、三方を先に合わせて、ウラ面にした一方をスライドさせるようにして差し込み、ハゼたたきでキズがつかないようにしてハゼを殺します。
このときの加工寸法の加減と、ハゼの殺し具合が微妙なところで、大きすぎず小さすぎず、ハゼもゆるすぎず殺しすぎずというところで、まるでどこかで見た文言そっくりですが、こういう作業はそういうものです。

釘の打ち方も様々だと思いますが、太鼓鋲を使用しました。
柱幅が95ミリとやや小さいので、さらっとシンプルに見せるようにしてみました。
あとは、たて樋の復旧ですが、もともとは柱に針金でくくってあったらしいのですが、柱交換したのにそんな不細工はできません。
かといって、控え金具を通常どおりに使用するには、引き込みの長さが不適切ですが、取り替えるには中途半端です(予算もないし)
ご注文は「ちょっと付けといて」ということですが、さて、どうやってちょっとにしましょうか。
[PR]
by torimie | 2009-09-30 23:40 | 今日の業務 | Comments(0)

【 2009年 09月 29日 】
福崎・八幡神社(外壁)
いつもありがとうございます。

今朝は19℃。日中は25℃。
雨はどうにか降らずに、終日曇天でしたが、気温のわりに蒸し暑い日でした。

さて、怒濤の名古屋出張を終え、通常業務です。
神社の物置増築工事で、私が不在の土曜日に、親父殿が屋根の仮葺きをしてあります。
大工工事が終わっていますので、屋根の始末を残し、先に外壁張りとしました。
b0036205_5514367.jpg

わずかに6尺木目プリント15枚ですが、意外と手間がかかります。
また、胴縁下地が7分で内装無しですので、そのままヒラ部に8分釘を打つと、室内に釘先が出てしまいます。
やむなく、プリントの山部への釘打ちとなりましたが、それも手間のかかる一因かもしれません。
(もちろん、鉄砲打ちですが)
なんとか、今日中に、外壁のノルマまで達成です。

そのほか、鼻隠し板巻きの採寸、社務所側の柱取り替えに伴う根巻き採寸などが追加です。
明日は雨らしいので、それの加工もできるでしょう。
[PR]
by torimie | 2009-09-29 23:46 | 今日の業務 | Comments(0)

【 2009年 09月 28日 】
あすなろ研究会2日目、そして盛会
いつもありがとうございます。
b0036205_6252369.jpg

あすなろ研究会in愛知の2日目になります。
今日は、昨日の続きで、分科会から始まりますので、各自、それぞれの分科会会場へ入ります。
3つの分科会のうち、2つを受講するので、昨日と今日とでは異なる講義となります。
私の講義は、「板金のルーツ」で、高柳一男氏(愛知県板理事長)の講義です。

ご自身でパワーポイントを操作しながらの講演ですが、それにしても内容の深いこと深いこと。
とても同業者とは思えない造詣の深さで、ただただ感服します。
しかし、プロフェッショナルと称するからには、こういう知識があってしかるべきと感じました。
ルーツを知ることで、新しいことを知る、まさに温故知新そのものの講演でした。
もっとじっくりと話を聞きたいところでしたが、時間となり講演分科会は終了です。

その後、全体発表、まとめ「未来の自分へ」となり、2日間を振り返り、未来の自分への約束をします。
その約束の手紙は、1年後に自分へ配達されるということです。

閉会式を経て、各自、解散となりました。
私は、地元部員さんらと昼食をとり、しばらく待機のあと、全板連役員さんの解放を待って、のりこしさん、カナックスさん、能登ざるさん、カモンさん、H田さんと名駅へ移動し、プチお疲れさん会でした。
連日の話の続きも出ましたが、今後のさらなる飛躍のための肥料ととらえ、みんなで力を合わせて取り組んでいきましょう。

もちろん、帰路は無事到着し(期待していた読者さん、残念でした)、怒濤の名古屋出張は終了です。
参加にあたり、無理矢理、私の名刺を作らされたウェブサイト委員会最年少5号さん、感謝してます。ありがとう!
持参していたネットブックが、早速、役に立ったところですが、ウェブサイト委員会最年少5号さんには、疫病神だったも、ですね(自爆)

最後になりましたが、参加いただいた全国のみなさん、お疲れ様でした。
各位にいろいろと参加お礼のあいさつをしようと思っていたのですが、解散のドタバタでなかなかお顔を拝見できなかった人もおります。
この場を使って、お礼を申し上げます。ありがとうございました。
私は、次回あすなろ研究会への参加は微妙ですが、お会いできる機会を楽しみにしておりますので、よろしくお願いいたします。
[PR]
by torimie | 2009-09-28 23:59 | 組合 | Comments(7)

【 2009年 09月 27日 】
あすなろ研究会第1日目
いつもありがとうございます。

いよいよあすなろ研究会の第1日目が始まりました。
出展企業展示見学にはじまり、開会式、オリエンテーションのあと、宮大工の小川三夫氏の全体講演、その後は、各分科会に分散し、私は、木村憲彦氏の講演を受講しました。
b0036205_729122.jpg

午後7時30分からは、お待ちかね(?)の懇親会です。
300名近くの大懇親会ですので、あいさつ回りなどだけで120分の時間が経過し、それでも、みなさんを回りきることができませんでした。
懇親会の閉宴あいさつは、カナックスさんです。
もう、それだけでも盛り上がろうというものです(大謎)

もちろんその後は、民族大移動状態の二次会などなど。
私も、ご多分に漏れず、県板やブロックの連中と夜の更けるのも忘れて、大いに語り合い、貴重な時間を過ごしました。
この勢いで第2日目にチャレンジ!
[PR]
by torimie | 2009-09-27 23:24 | 組合 | Comments(0)

【 2009年 09月 26日 】
前夜祭、決起大会
いつもありがとうございます。

あすなろ研究会の前夜、本部役員さんたちとの懇親会、ならびに、決起大会ということで、「矢場とん」にての開催です。
b0036205_8251197.jpg

恒例の自己紹介&意思表明を、全板連役員さんはじめ、参加のみなさんが表明し、歴々の顔ぶれが揃う中、盛大に執り行われました。

土曜日の夜ということもあり、繁華街は大勢の人でにぎわっていましたが、それに負けない勢いがあったっと思います。

二次会は、これでもいくつかに分かれての人数で30名ほどが、中部大新年会でもお邪魔した居酒屋さんへ入りました。
というよりも、30名を一度に入れるお店が、なかなか空いていなかったいうことでもあります。
明日の場合は、日曜日の夜ですし、なんとか対処できるかもしれません。

遅れてきたハッシー部長や、別行動だったfuranoさんらとも合流し、二次会、三次会となり、その後はコバマサさんとホテルへ無事に帰還です。
その他の人たちは、そのまま次へ行ったようですが、詳細は存じません(笑)

明日からの二日間への勢いを付けたということですね^^
[PR]
by torimie | 2009-09-26 23:59 | 組合 | Comments(0)

【 2009年 09月 26日 】
前日作業終了
いつもありがとうございます。

前日の作業分が、終了しました。
b0036205_17412771.jpg

b0036205_17413782.jpg

愛知県板青年部のみなさんやブロック役員、前泊の方々などが協力して、作業が順調に片付きました。

明日以降が本番になりますが、その打ち合わせもも入念です。
全国のみなさんをお迎えする準備は、着々と整っていきます。

今日のところは、これで作業を終え、これより、全板連役員さんたちと、地元関係者との懇親会となります。
本番に向け、さらに士気を高めたいと思います。
[PR]
by torimie | 2009-09-26 17:45 | 組合 | Comments(2)

【 2009年 09月 26日 】
第29回あすなろ研究会in愛知へ参加
いつもありがとうございます。

第29回あすなろ研究会in愛知へ参加ということで、名古屋へ入ります。
会場は、メルパルク名古屋です。

本番は、27日(日)と28日(月)となるのですが、今大会は当地、中部ブロックの主催で、お隣愛知県名古屋での開催ということもあり、参加者動員はもとより、準備等での協力体制となっておりますので、前日からの現地入りとし、諸準備にあたることになっています。

私個人としては、いよいよの青年部最終年に一大行事が回ってきたということで、用事が無くてもともかく会場で見守りたいと思い、能登ざる部長にもお願いして前日入りとさせていただきます。

なにしろ、今大会は、知る範囲では過去最高の参加者となって、260名の参加、総勢300名に迫る規模となりました。
全国からの参加者のみなさんに、大会参加を満足していただくため、大勢の方々が長い時間をかけて準備してきました。
まず今日は、その準備の集大成を行ない、参加のみなさんをお迎えすることになります。
みなさん、お気をつけてお越しくださいませ。

今日の予定。
午後より、ブロック役員、各準備委員が集合し、作業開始。
並行して、全板連役員による幹事会。
午後7時より、矢場とんにて、本部役員、ブロック役員、開催地実行委員による懇親会。
撃沈(ヲイ)
[PR]
by torimie | 2009-09-26 06:00 | 組合 | Comments(2)

【 2009年 09月 24日 】
桜花台・T邸(雨樋点検など)
いつもありがとうございます。

今朝は18℃。日中は29℃。
一日の気温差が10℃以上もあり、かつ、ほぼ真夏の気温まで上がりました。
9月も末だというのに、この残暑、こたえますね。

さて、塗装工事に合わせて、雨樋の点検を依頼されました。
ユニット工法の住宅の雨樋ですが、雨樋部分に水切りが付けてあり、しかも、うまくメンテナンスができるように工夫されています。
b0036205_603625.jpg

ドレン付近では小さめに、途中は水切りが適当に分割され、ステンレスの蝶ネジにて留められていますので、それを戻すだけで水切り板が外れます。
しかも、水切りの固定方法は、かみ合わせ式の屋根材に、金具でパッチンとはめ込む方式で、外すのも問題が無く、再度取り付けも簡単です。
なかなか見かけない方法で、実にうまく考えてあります。
水切りなどの工夫にコストはかかりますが、この施工方法での一番のネックは、経年後のメンテナンスですので、それが楽にできるのは、ランニングコストを抑えた方法ともいえるでしょう。
個人的にやるには、専用金具の工夫や、屋根形状そのものの工夫が必要ですので難しいところですが、勉強になりました。

そうやって水切を一旦外し、雨樋の清掃、点検して、元に戻します。
大きなゴミもなく、砂等を掃除しておきました。
その他、たて樋の調整などをして、塗装工程へ引き渡しです。
[PR]
by torimie | 2009-09-24 23:56 | 今日の業務 | Comments(4)

【 2009年 09月 23日 】
のんびりとCAD
いつもありがとうございます。

シルバーウィークの最終日ですが、のんびりと過ごしています。

先日のネットブックのセッティングなどをいじりながら、展開図講習会用の資料に着手です。
私のつたない手書きのケント紙でもいいのですが、細かい線がわかりづらいといけないので、例年と同様、CADで描いてみました。
b0036205_5452928.jpg

製図法の説明もしますので、少しでも手順がわかりやすいように、記号などを付けておきます。

できればカラーで出すと良いのですが、ついついモノクロのままで描いてしまいましたので、あとで属性変更ですね。
そのあと、DXF形式で一度保存し、花子で塗り絵していこうと思っています。
花子でもCADのように扱えるのですが、私のスキルがついていけません。
JWで描いて、花子でお化粧、そんな感じになります。

さて、久しぶりですが、小町です。
b0036205_5494834.jpg

このところ、諸般の事情により、私どもの寝室で寝ています。
そうなんです。おとなしくしていれば、いいんですが…。^^
[PR]
by torimie | 2009-09-23 23:39 | 競技大会 | Comments(4)

【 2009年 09月 22日 】
ZIC試作2
いつもありがとうございます。

シルバーウィークの真っ最中ですが、競技大会の試作、ハンダ付けに移ります。
簡単そうに見えて、案外と時間がかかります。
b0036205_6175967.jpg

ほかごともしながらですが、3時間半ほどかかっていますので、実際のところ、1時間半はかかると思います。

とくに、金具の組み立て工程は、先に付けたところが、ほかの熱でハンダが溶けてしまうといった感じになりますので、熱伝導とハンダの溶け具合と、付ける手順の精査が必要です。
捨てハンダし、チョイ付けしながら、横が溶けるか溶けないかの具合で離します。
よく焼いたコテでもっていくわけですが、少しでも欲張ると、たちまち先の部分が溶けて、“元の木阿弥”になります。

ともあれ、製作してみて、不安だった容器本体の展開が、大丈夫だという確認が取れましたので、もう少し、展開方法などを講習会用に整理してみたいと思います。
また、精度もそうですが、展開時に注意すべき点や、加減する寸法具合もわかりました。
昨日と今日の結果をとりまとめて、ZIC用の資料づくりにしたいと思います。

なお、道具類ですが、毎回同様のことを書いているのですが、昨日の写真にある道具だけで製作可能です。
指定道具一覧よりもかなり少ないですが、これで充分です。
(電動ドリルや半田ごてなどは含まず)
あとは、特殊な加工した道具類は必要なく、工夫で乗り切れますし、そういう基本的な作業の積み重ねです。
ZICに挑戦される方もそうでない方も、よろしかったら、参考にしてくださいね。
[PR]
by torimie | 2009-09-22 23:58 | 競技大会 | Comments(2)



|  ▲最新記事へ  |