【 2009年 10月 27日 】
鍛金展inNHK、ウェブサイト委員会
いつもありがとうございます。

本日は、組合理事会とウェブサイト委員会なのですが、今日から11月1日までの期間で、鍛金会の成果発表として、鍛金展inNHKが催されており、その模様を訪ねてきました。
当組合員有志による鍛金会ですが、コツコツと作り溜めた作品を「NHK津ぎゃらりー」をお借りしての展示となりました。
b0036205_6265836.jpg

私とウェブサイト委員会最年少5号さんとで、午前中から写真撮影に向かいました。
b0036205_604499.jpg

延べ150個の展示は壮観で、大きな物から小さな折り鶴まで、実にさまざま。
訓練校生徒の実習作品も展示しています。

また、午後からは、NHKのテレビ取材もあり、具合よく、我々も同道させていただきました。^^
b0036205_625131.jpg

さすがの柴田先生も緊張していたようですが、さすが、無難にコメントを述べておりました。
撮影合間のコメントのほうがおもしろかったりするのは、不思議です(笑)
放送は、同日18時30分からの同局「ほっとイブニングみえ」時間帯内で、『今週のぎゃらりー』 鍛金作品展 として5分間ほど放送されましたので、ご覧になった方も多いと思います。
5分間放送の撮影に、2時間半ほど費やしていましたよ。

午後から組合では理事会が開催され、終了後、理事さんも会場へ移動し、見学されていきました。
b0036205_694185.jpg

こういうふうに作品を揃って見られることはなかなか無いので、理事さんたちも大変興味深く見学されたようです。
できれば青年部のみなさんも揃っての見学をして欲しいところです。
b0036205_621967.jpg

と、私とウェブサイト委員会最年少5号さんとは、ここまでで会場を去り、組合事務所へ戻ります。
16時30分からは、ウェブサイト委員会です。
いつもの議題に加え、メールの活用、責任施工申請のメール化などを話し合いました。
また、各ページの原稿も集まりましたので、しばらく、こちら方向での編集作業が忙しくなりそうです。
次回委員会日程を決め、ついでといってはなんですが委員会忘年会も打ち合わせをしておきました。^^
次回委員会は、11月24日(火)の予定です。

ウェブサイト委員会最年少5号さんには、無理矢理に午前中からの集合をかけ、申し訳ありませんでしたが、一日、楽しく過ごさせていただきました。
また、業界PRとしての鍛金展もじっくりと拝見することができ、奥深さを感じました。
結構各地から見学に来ていただいているようで、今週末日曜日までの開催ですので、よろしかったらお運びいただくよう、お願いいたします。

「元気はっしん!青年部」:鍛金展in NHK津放送局内NHK津ギャラリー
「たいしょうの日々のささいな出来事。」:ウェブサイト委員会とNHK津放送局
「三重県四日市の朝明板金」:板金アート
[PR]
by torimie | 2009-10-27 20:51 | 組合 | Comments(6)
Commented by 太郎丸 at 2009-10-28 10:46 x
素晴らしい展示会が開催のようですねぇ
本家Websiteも確認しました
作品の画像は断然こちらの方が多いですね(笑)
こういう展示会は中々ありませんし、良い機会でしたね^^
Commented by ウェブサイト委員会最年少5号 at 2009-10-28 19:13 x
どうもお疲れさまでした。ほぼ、朝から一日中でしたね。

>ウェブサイト委員会最年少5号さんには、無理矢理に午前中からの集合をかけ…
いえいえ、とり三重氏とご同行したく段取りつけて行きました。
楽しゅうございました。(^ー^)

自分も、あんなに多数展示してあるのを見たのは初めてで関心して見てました。

今後も多くの方に関心をもって見て行ってもらえるといいですね!
Commented by 花芸 at 2009-10-28 21:20 x
とり三重さん。お疲れ様です。
すばらしい作品群ですねぇ。
特に真ん中にあるハクション大魔王の壺みたいなやつの
イボイボが気になります。
クローズアップされた画像が見たいです。
Commented by torimie at 2009-10-29 06:12
★太郎丸さん
業界PRにはいいチャンスだと思いますし、地道な作業ですが、お披露目できてよかったと思います。

写真は、ウェブサイト委員会最年少5号さんとかなり撮りましたよ^^
Commented by torimie at 2009-10-29 06:15
★ウェブサイト委員会最年少5号さん
一日勤務、お疲れ様でした。

そうですね、こういった会場をお借りできて、いろんな方々に関心を持ってもらうことは、とても重要です。

裏返せば、まだまだわれわれの世界ってのは、そういうステップにしかいないということでもありますので、今後とも、一層の努力が必要ということでもあります。
Commented by torimie at 2009-10-29 06:18
★花芸さん
きっと、興味を持たれると思っていました^^

その壺は、大西指導員(四日市支部)の作品ですが、ひと味違う雰囲気があり、私もよいと思います。
鍛金の正道ではないで、少々苦言もあったようですが、発想は自由という世界でもありますし、一般の方々には人目を引くことができ、こういった展示会ではいいポジションになっていると思いますよ。

リクエスト、ありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード



<< 阿倉川・T邸(棟包み?) |  ▲最新記事へ  | 展開図講習会 >>