【 】
カテゴリ:病気( 119 )

【 2018年 08月 03日 】
8/3・三重大学病院(採血と皮膚科診察)
8/3

三重大学病院にて、採血と皮膚科診察。

所用してから行ったため、G先生の診察の時間ギリギリに採血したので、結果は出なかった。
とくに悪い所があれば、連絡するとのこと。

脂肪腫が増えたのかどうかと、聞かれたが、自分ではよく分からない。
元々有ったのか、増えたのか、大きくなったのか。
いずれにせよ、次回の造影CT検査で、読影してもらうしかない。 -end-


[PR]
by torimie | 2018-08-03 12:30 | 病気 | Comments(0)

【 2018年 06月 28日 】
6/28・三重大学病院(放射線診察)
6/28

10時から、三重大学病院にて放射線科の診察。
TM先生。

筋肉の硬化、腕のむくみ、皮膚のかゆみなどの確認。

筋肉の硬化は、やがて落ち着くそうだが、今のところ、毎朝動かす運動をしている。

腕のむくみは、リンパ浮腫に近いものかもしれないが、仕事で疲労がたまるとむくむ。
それは、数日して疲労が取れていくと元に戻るので、リンパ浮腫なのかどうなのかは、わからない。

皮膚のかゆみは、今はもう無い。
これは、もうこれでおさまっていくそうだ。

他には…。
前に聞いた、肺の細胞のこと、レントゲンで白く写った部分のことだ。
その部分の肺細胞は死んでいるが、他の細胞が頑張るので、そのうちに白い線のように縮んでいくとのこと。
無くなったり消えたりするわけではないが、支障のない状態になるらしい。
まあ、これも経過観察しかないのだが…。

次は、10月の造影CT検査の後、となる。
しばらくはこんな感じで、定期検査と診察となる。 -end-


[PR]
by torimie | 2018-06-28 12:59 | 病気 | Comments(0)

【 2018年 06月 08日 】
6/8・三重大(皮膚科診察)
6/8

午前中、三重大学病院にて、皮膚科の診察。
今日は、駐車場は若干混雑していた。

担当はG先生。
皮膚の状況や、しこりが増えていないか、確認、特に問題はなかった。

次回は、10月に、造影CT検査を行なう。
CTの間隔が短いと、リスクが高いので、半年空ける。

その前、8月に、採血検査と診察。
腎臓に問題があると、造影CTはできないからだ。

最近の疲れやすさは、リンパ郭清によるものなのか、G先生に聞いてみた。
やはり、免疫が低下しており、その影響はあるだろうとのこと。

直ることはないので、うまく付き合っていくしかない。
これから、術後、初めての夏を迎える。
疲労とかどうなるのか、まったく分からない。
ともかく、向き合うのみ。 -end-


[PR]
by torimie | 2018-06-08 12:00 | 病気 | Comments(0)

【 2018年 04月 17日 】
4/17・三重大(放射線科診察)
4/17

朝一で出社して、積み込み段取りして、津市の三重大学病院へ。
今日は、放射線科の診察で、先日の造影CTの結果説明。

放射線科は、TM先生。
先日の皮膚科の説明と同様、手術部位には問題無し。
腫瘍も問題無し。
皮膚の炎症(色変化)も治まってきていて、経過は順調。

気になっていた、X線で写った肺の影については、やはり、放射線照射の影響。
治療後、半年くらいまで影響が出るので、もう少し範囲が大きくなるだろうとのこと。

その後は収束するが、その部分はダメになっているので、消えることはないのだと。
ダメになるというのが、壊死なのかなんなのか気になったが、聞けなかった。

だから、来年の健康診断で胸部X線をしたら、影は出るとのこと。
ずっと、そのままらしい。

とくに、咳がひどいとか、息苦しいとか、発熱が続くとかがなければ、様子見で良いらしい。
今までのところ、息苦しさや咳き込むこともないので、これでいいんだろう。

これの治療が必要になるのは、希なケースらしいが、そもそも基底細胞癌が転移すること自体が珍しいので、そのパターンになるかも?
いやまあ、いずれにせよ、継続的に経過観察しかないのだが…。

皮膚科の説明と合わせて、ひとまずは、安心。
長かった手術入院と放射線治療は、うまくいったということ。

今後の事(再発)が不安だが、まあ、それを心配しても仕方ない。
じっくりと経過観察で、様子をみていこう。 -end-


[PR]
by torimie | 2018-04-17 12:59 | 病気 | Comments(0)

【 2018年 04月 13日 】
4/13・CT検査結果(皮膚科)
4/13

朝のうちは自宅でPC作業、のちに、津市の三重大が行く病院へ。
今日は、先日の造影CT検査の結果だ。

駐車場の整備が終わったので、以前のような混雑は解消しているようで、スムーズに入場。
少し早めに到着でき、時間調整して、受付。

担当は、G先生。
入院している時は、主治医のN先生のサブのような位置づけだったが、退院後の担当はG先生となっている。
G先生は、おしゃべりなほうではないが、ちゃんと説明してくれる。

そして、CTの結果は、臓器への転移は無し。
骨も異常なし。
リンパ手術周囲も、異常なし。
肝転移、水腎症なし。

一部、肺野にあるのは、放射線の影響で、放射線肺造炎で、転移ではない。
これが、健康診断の際に、胸部X線で影になったものと思う。
これは、来週、放射線科の診察で伺う。

神さんが気にしている、腹部のいくつかのしこりは、8ヶ所か9ヶ所あった。
G先生も、脂肪腫が多くできる症例を調べてくれたが、ほとんど例がないそうだ。
大きくなってきたりしたら切除も考えるが、そうでなければ様子見にする。

ひとまず、術後は良好、転移も認められずということで、安堵。
リンパ節切除した範囲にも変化がなく、安心した。

先週の膝の一件も、尋ねてみた。
血液検査結果も見てもらったが、リンパ節手術との関連は薄いとのこと。
なにかあったら整形外科にかかりなさい、ということだった。

当面は3ヶ月程度のスパンで、診察となる。
もとより、今は問題がなくても、のちに変化が生じることもある。

安心しきることはできないが、まずはこれで、手術と放射線がうまくいったことになる。
ここからやっと、本当の意味の、経過観察に入る。 -end-


[PR]
by torimie | 2018-04-13 13:00 | 病気 | Comments(0)

【 2018年 04月 09日 】
4/9・造影CT検査(三重大学病院)
4/9

週末の上京出張明けではあるが、三重大学病院で造影CT検査。

手術退院後、初めての本格検査となる。
造影CTは、昨年7月の県立総合医療センター以来。

要領は以前と同じで、造影剤も特に問題も無く、終了。
検査結果は、後日となる。

昼食は抜いていたので、お腹はペコペコ。
院内のドトールでサンドなど買い込み、帰路途中のPで食べた。
で、出張疲れか、しばし仮眠してから、帰宅。 -end-


[PR]
by torimie | 2018-04-09 23:00 | 病気 | Comments(0)

【 2018年 03月 29日 】
3/29・三重大診察(放射線治療科)
3/29

朝から出発して、三重大学病院へ、経過3ヶ月の放射線治療科の受診。

往路の渋滞と駐車場の混雑を見込んで、自宅を1時間半以上前に出た。
予想に反して、道路は混雑少なめ、駐車場もスッと入れて、時間を余した。

放射線治療科は、担当のTM先生。

かつて皮膚がめくれていた箇所が、今も少しかゆいことを伝える。
退院時に大型瓶(一生かかっても使い切れない量w)でもらったワセリンを塗っているが、別の塗り薬(名前は忘れた)を試してみてくださいとのこと。
そちらの方が、効果があるかもしれないそうだ。

また、照射部分の筋肉が固くなっている気がするという点は、そのとおりなんだそうだ。
施術後、3ヶ月くらいが、もっとも後遺症の影響が出てくる時期で、筋肉の硬化、腕のむくみがあるとのこと。

リンパドレナージや、腕の上下運動、肩回しのほか、直接、固い筋肉部分のマッサージもいいそうだ。
手術の傷口の心配は要らないから、固いからといって怖がらずに、積極的に運動をすること。

動かさずにいて、その後ほんとうに動かなくなった患者もいるらしい。
ぜひ動かして、悪くならないようにしなければ…。

先日の健診結果で、胸部X線で「右上肺野 結束様陰影 肺野気管支異常 疑い」の件も聞いてみた。

実際の照射で、肺の一部に当たっている。
なので、肺細胞の炎症がある可能性はあるとのこと。

それがX線に映ったのかもしれないが、画像を見ればすぐ分かるが、文字だけではそこまで判断できない。
X線だと影になってしまうだけなので、次回の造影CT検査で、X線よりもちゃんと分かるので、そのとき判断しましょうとのこと。
前回の主治医G先生と同じ判断。

なので、造影CT検査のあと、皮膚科の診察とは別に、放射線科も結果説明することになった。
今日はいろいろと聞いたが、TM先生は、むしろいろいろ聞いてくださいとのこと。

質問も含め、患者の状態を伝えないと、先生は説明ができない。
いろいろ聞くことで、患者の状態も把握できるし、対処も説明できる。
先生がそう言ってくれたので、もう少し気楽に質問できるようになるかも。

白血球の数値も低かったのだが、それは聞くのを忘れた。
放射線の影響もあると思うし、リンパ節切除の影響もあるだろう。
次回、聞くようにする。

放射線治療科は、3ヶ月ごとの受診となる。
次の予約は6月末だ。

帰路、フィエスタの洗車して、帰宅。 -end-


[PR]
by torimie | 2018-03-29 13:00 | 病気 | Comments(0)

【 2018年 03月 02日 】
3/2・三重大病院の診察(皮膚科)with健診結果
3/2

朝のうちに所用いろいろ。

早めに出発して、新名神で甲南IC~玉瀧の前を通り、名阪国道へ回り、伊勢道経由のドライブをしながら津市へ。

今日は、三重大病院の診察で、皮膚科の診察。
手術跡や放射線治療での皮膚炎の症状確認となる。

皮膚炎のほうは、赤みもほとんど無くなり、乾燥すると少しかゆくなる程度。
連日、プロペト(ワセリン)を塗っている。(忘れる日もあるが)
今日は、診察があるので、朝の塗布はしなかった。

診察は、G先生。
皮膚の状態を写真に撮り、特に問題は無いとのこと。

こちらからは、1月に受けた健康診断の結果から、少し質問した。
健康診断を受けたときは、治療直後だったこと、さらにその直前までインフルエンザだったことも影響しているのか、よくない項目がいくつかあった。

もっとも気になったのが、胸部X線。
「右上肺野 結節様陰影 肺野気管支異常の疑い」との結果があった。
手術跡か、放射線の皮膚炎か、はたまた別の何かか。

G先生の話では、X線写真だと、影が映るだけなので、それ以上はここからは判断しづらいとのこと。
来月の造影CT検査なら、もっとはっきりと分かるので、それまで様子をみましょうとのこと。
ただ、右上肺野は手術していない範囲なので、健診のX線画像を見ないとどの部分なのかは分からない。
いずれにせよ、造影CT検査を待つことにする。

他には、心電図の高電位(左室に対する誘導)R波の増高不良があるが、左室高電位は以前から指摘がある。
それにこの日は、降雪があったので、駅から3キロほど歩いて健診に向かい、すぐに心電図を取ったので、その影響はあると思う。
(担当さんにそのことは伝えたのだが)

白血球数は3200で、やはり、減少していた。
これは、リンパ節切除の影響で間違いないだろう。
免疫が低下していることは感じていたが、数値でもはっきりしているわけだ。

空腹時血糖も高い、149。
元々、高血糖値だったので、糖尿病寸前だろう。
コレステロールも高い。
γ-GTPも高い。

体重と肥満度が少し下がったが、誤差変動の範囲だろう。
いろいろあるが、胸部X線の件以外は、先生には相談せず。
消化器を受診したらどうか、と言われた程度。
ともあれ、次の造影CT検査で判断しましょう、とのことで今日は終了。

久しぶりの外来棟を懐かしく思いながら、三重大病院をあとにする。

遅いラーメンランチ。
書店で、3月17日に改正される、近鉄の時刻表を購入。
HCで、使い捨てのブルーシートを購入。

帰宅して着替えて出社。
明日の積み込み。
忘れ物のないように。
F24アトラスちゃんにガソリン注入して、帰宅。 -end-


[PR]
by torimie | 2018-03-02 23:59 | 病気 | Comments(0)

【 2018年 01月 22日 】
1/22・雨・インフル療養・事務いろいろ
1/22

午後から冷たい雨降りでした。

朝、ノリヤンから連絡があり、先日の工事で使った充電インパクトのバッテリーが紛れていないか?との問い合わせ。
そういや、なぜかバッテリーが1個多いような気がしていましたが、気のせいではなかったのでした。
すいません。
さっそくトラックの荷物から引っ張り出してきて、せっかくなので細部の清掃しておきました。
18ボルト、6A/h、無事にお帰りいただきます。

熱も下がり、体のだるさもほぼ消えて、体調は回復中。
午前中は、たまっていたブログ書き。
途中で、見積り案件の入電あり、さっそくお見積りして送付。

お昼に、訃報が急着。
関係各所と連絡を取って、対応。
49歳と、まだまだお若いのに、残念でなりません。
合掌。

午後、その対応の続き少々。
CDダビング2枚。
ほか、こまごま。

ベッドに横になったりしていなかったけど、体調は悪くないんだから、まあいいか。
タミフルは、ちゃんと処方されたとおり、飲み続けてます。
もう1日か2日、様子をみていきましょう。 -end-


[PR]
by torimie | 2018-01-22 23:59 | 病気 | Comments(0)

【 2018年 01月 21日 】
1/21・インフル療養(医療費控除の準備)
1/21

日曜日ですが、もちろんそんなことは関係なく、インフルエンザ自宅療養です。

発症すぐのタミフルが効いたのか、熱は37度を切るくらいになってきました。
熱が下がると、体を動かすのもかなり楽です。
こんなに違うもんなんですね。

体が少し楽になってきたので、午後は、29年度の医療費の領収書の整理をしてました。
昨年は、仕事がパニック状態だったので、なにも手を付けてありません。
領収書の山を整理し、エクセルに入力。
ふーん、やっぱり、かなりの費用がかかってますわ~。

今回の確定申告から、医療費控除の書類が変わっています。
領収書を提出または提示せずに、指定の明細書を提出することになりました。
詳細は、国税庁のサイトを参照して下さい。

要するに、これまでのように、費用の一覧を作成して提出しなくても、個人や医療機関ごとにまとめた項目でOKということなんです。
そうはいっても、それをまとめるための下地作りは必要ですし、個人的にも記録としてしっかり入力しておきたいので、これまでどおりの作業はします。
ただ、税務署へ出す書類が軽減されていくということです。
これも、行く末のマイナンバー管理を見越してのことなのかもしれませんが。
ひととおりの整理と入力は完了です。

で、夜は、「99.9」。
うむ?もうすでに、シーズン1の秘話が解決?
いいのか?この展開…(謎 -end-


[PR]
by torimie | 2018-01-21 23:00 | 病気 | Comments(0)



|  ▲最新記事へ  |