【 2019年 03月 06日 】
3/6・入院3日目
3/6

長い夜がようやく明けて、朝が来たときはうれしかった。

朝すぐに、ICUのベッド上で、レントゲン検査。
このために上半身を起き上がるのだが、これがかなり痛くてしんどかった。
その後、しばらく、上半身を起こしたままにして過ごす。

朝食
ちくわの煮物、サラダ、みそ汁、牛乳。
薬。

手術明けの1発目だが、完食した。
昨日は一日中の絶食だったから、目が回る感じがしてきていたので、とにかく食べたかった。
少しお腹に食べ物が入ったからか、目が回る感じが弱まったと思う。

看護師さんが、尿管カテーテルの抜去と体拭き。
手術中の紙おむつから、パンツへ履き替えてもらう。
やっと回復してきた感じがしてくる。

そして、10時45分、ついにICUを出て、病室へ戻る。
徒歩で戻るのかと身構えていたら、ベッドごとの移送だった。
むしろ、ベッドでの移送のほうが、気持ち悪いんですけど…。

ともあれ、病室へ帰還。
すぐに血圧や体温の測定。

看護師さんが、歩いてみるかというので、やってみた。
少しふらついたが、なんとか歩けそうなので、トイレまで行ってみた。
排尿は、少しだけだったが、自力ですることができた。
歩行テスト、トイレテスト、仮免合格だ。

そうこうするうちに、神さんとばーさんと娘が来てくれた。

昼食。
白身魚の煮物、糸切り大根と昆布の煮物、ブロッコリーのサラダ、チンゲンサイ。
神さんが持ってきてくれた、パンとジュースもいただく。
薬。

神さんらが帰って、眠りにつく。
目覚めたら、自力でトイレなどの歩行や、ペットボトルのゴミを捨てに行く。
そして、やっと、スマホの電源を入れる。

K先生が、傷口やドレーンの様子を見に来た。
様子は良いようなので、明日、レントゲンを撮って、良かったらドレーン抜去かな、とのこと。
それまでは、ドレーンとタンクを引き連れての動きとなる。

夕食
鶏肉のトマト煮、野菜炒め、とろろ芋。
薬。
b0036205_21572606.jpg

四日市へ報告の電話。
電話のためにロビーまで歩くのも、リハビリだ。

夜、就寝前に最後の抗生剤が終わり、点滴管は抜去。
これで左腕はフリーとなった。

夜遅く23時過ぎナースコール。
やはり、傷口がうずくので、痛み止めをもらう。
朝まで、持ちこたえられるか…。 -end-


# by torimie | 2019-03-06 23:59 | 病気 | Trackback | Comments(0)

【 2019年 03月 05日 】
3/5・入院2日目・手術
3/5

入院2日目、手術日。
7時起床。
昨夜から絶食のため、水分のみ。

足のむくみのエコー検査。
深部動脈瘤の血栓、いわゆるエコノミー症候群を調べる。
検査技師は、なにやら血栓なのか何かマーキングしていたようだが、はたして…。

引き続き、上半身のCT検査。
予定部位以外にあるかどうか、最終チェックのためだ。

それぞれの検査結果は、足のエコーは問題無し。
CTも、他に何も無かったということで、予定どおりの手術内容となった。
ただ、手術時間だけが、一番最後に回ったので、16時頃になるかも、ということだ。

神さんとばーさんが来てくれたが、長く待つことになった。

そして、16時半、病室を出発。
手術専用エレベーター前まで見送ってもらい、手術室へ。
もう、何度も繰り返した光景だ。

手術は、3度目の全身麻酔。
今回は、硬膜外麻酔も行なうため、背中にカテーテルを挿入。
これは初めてだ。
痛み止めを注射してから行なうので、話に聞くほど痛くはなかった。

そして、麻酔が効き、あっという間に眠る。

気が付いたときは、手術が終わり、ICUのベッドの上だった。
ICUは、初めてだ。
手術がうまくいったのか、摘出部位はどうだったのか、神さんやばーさんに何か話しかけられた気がするが、覚えがない。
というか、話をするのも苦しいし、まだ意識がもうろうとして、受け答えすることも困難なのだ。

そして、過去の全身麻酔の時と同様、覚醒後の呼吸が苦しい。
手術部位の痛み?違和感?で動けないし、足元はマッサージャーが取り付いているし、口元は酸素マスクで暑苦しいし息苦しい。
尿管カテーテルも付いているので、自分の体では無いようだ。

全身麻酔なら眠る間に手術が終わるし、楽なもんだよと言う人がいるが、まったく違う。
局所麻酔での手術のほうが、手術中の怖さはあるものの、終わればそれで済む。

しかし、全身麻酔は、この覚醒後の苦しさがつらい。
少し眠っては目が覚め、苦しくなっているうちに少し眠るの繰り返し。
前回もそうだったが、ほんとうに、朝が来るまでが待ち遠しい。
長い長い、一夜。
そして、苦しい苦しい一夜…。 -end-


# by torimie | 2019-03-05 23:59 | 病気 | Trackback | Comments(0)

【 2019年 03月 04日 】
3/4・三重大学病院へ入院
3/4

三重大学病院へ、また入院の日。

今回は、呼吸器外科で、右肺下部の疑いのある物を切除する。
肺の部分切除で、胸腔鏡による手術となる。

朝から大学病院を訪れ、手慣れた入院手続きを済ませ、今回の病棟は10階、これまでの1フロア下だ。
1067号室、残念ながら窓側ではなかった。

さっそく、担当のK先生から、手術の説明があり、胸腔鏡下右肺部分切除で行い、2センチ程度を3カ所開けて、取り除くのだそうだ。
そして、取り除いた細胞を病理検査して判断する。
取ってみたら良性だったということもあるだろうが、とにかく取って検査をしなければ、ハッキリしないのだから、やむを得ない。
K先生の説明は、丁寧で分かりやすかった。

昼食
アジの塩焼き、里芋の味噌のせ、キャベツのサラダ。
b0036205_20550194.jpg
午後は慌ただしくなった。

オペ着や弾性ストッキングの準備。
検温、血圧など。
採血と手術部位周辺の剃毛。
静脈からの採血もした。
これは、ちょっと痛かった。
b0036205_20592665.jpg

b0036205_20592789.jpg

麻酔科の問診。
その際、右足のむくみを伝えたところ、これは一度診断が必要かも、とのことになった。

17:30、シャワー。

夕食
牛肉の卵とじ、きんぴらごぼう、トマトサラダ。
b0036205_20591181.jpg
そのあと、K先生、主治医のT先生が来て、右足のむくみを診た。
血栓のおそれがあるため、明日の手術時間を午後に変更し、午前中にエコー検査をすることになった。

大したことではなかろうと、はじめにK先生に伝えなかったので、少々迷惑をかけてしまった。
素人判断はダメだな。

絶食時間になるまでに、アルジネードウォーターを3本飲む。
b0036205_21040196.jpg
栄養補助飲料らしい。

足のむくみの件でバタついたこともあるが、やはり、手術前日は慌ただしい。

# by torimie | 2019-03-04 21:00 | 病気 | Trackback | Comments(0)

【 2019年 03月 03日 】
3/3・所用あれこれ→アトラス修理など→北堀江・A様(最終確認)
3/3

朝からLINEやりとりあれこれ。

東員のイオンにて、買い物各種。

一旦戻ってから、F24アトラスちゃんの修理でディーラーへ。
ブロアファン交換とエンジンオイル交換です。
小一時間で終了。
ああ、エアコンから風が出るのは(今なら暖房ができるのは)、ありがたいことですねw。

夕方、鈴鹿市北堀江のA様へ伺い、足場撤去後の最終確認。
b0036205_00381928.jpg
特に不具合も無く、A様と完了確認終了です。
追加の左官工事(しっくい工事)は、別途、日程調整取ります。 -end-


# by torimie | 2019-03-03 23:00 | 今日の業務 | Trackback | Comments(0)

【 2019年 03月 02日 】
3/2・桑名・M施設(屋根葺きwithマッサルさん)→北堀江・A様(足場撤去確認)
3/2

桑名市江場のM施設にて、屋根葺きです。
ヘルプは先日に引き続き、マッサルさんです。
b0036205_00251429.jpg
勘合たてひら葺き、色は緑青です。
少々残業気味になりましたが、棟の養生・採寸まで、できました。
マッサルさん、大活躍で助かりました。
それにしても、疲れた~^^ 

夕方、鈴鹿市北堀江のA様にて、足場撤去を確認。
これで、ひととおり工事完了になりました。 -end-


# by torimie | 2019-03-02 23:00 | 今日の業務 | Trackback | Comments(0)

【 2019年 03月 01日 】
3/1・北堀江・A邸(仕上げ)→桑名・M施設(カラクサ取付け)
3/1

鈴鹿市北堀江のA様にて、残り作業を少々。
仕上げ確認と、仮設トイレのくみ取り立ち会い。
b0036205_00164936.jpg
仮設トイレの撤収は午後ですが、立ち会いは不要ということなので、移動します。

午後は、桑名市江場のM施設にて、明日の屋根葺きに先行して、軒先唐草の取り付け。
先に荷上げをしたのでやりづらい部分もありましたが、なんとか取り付け完了です。
明日の準備をして、業務終了です。 -end-


# by torimie | 2019-03-01 23:00 | 今日の業務 | Trackback | Comments(0)

【 2019年 02月 28日 】
2/28・桑名・M施設(屋根荷上げwithマッサルさん)→所用各種
2/28

天気予報通り?に朝からの降雨でしたが、桑名市江場のM施設にて、屋根の荷上げです。
ヘルプはマッサルさんです。
b0036205_00044521.jpg
現場状況により手上げでしたが、難なく終了。
まあ、この雨ですので、施工は天候回復してからです。
マッサルさんと喫茶店で暖まってから解散です。

午後は、所用各種。

F24アトラスちゃんのブロアファンが故障したので、ディーラーで見積り。
エアコンの風がまったく出ないのは、ちょっと厳しいですので、さっそく修理です。

金融機関回り、支払い回りなどなどの月末業務して、やっと終了です。
そうです、28日ですが、今日はもう月末なのでした。 -end-


# by torimie | 2019-02-28 23:00 | 今日の業務 | Trackback | Comments(0)

【 2019年 02月 27日 】
2/27・川島・K邸(雨といなど)→北堀江・A様(打合せ)
2/27

四日市市川島のK邸にて、修理工事の続きです。
b0036205_23551621.jpg
本家側の2F雨とい掛け、北側は一部分の未交換。
雨といの水勾配修正。

車庫の軒天に役物取り付け。

大屋根の小鬼にしっくい巻き。

各所仕上げと点検して、作業完了です。

帰社して、明日の積み込みして、移動。

鈴鹿市北堀江のA様にて、今後の工事の打ち合わせ。

今日は、お昼休みにカトタケさんと合流。
遠いところまで?と思ったら、私の自宅近くの現場から移動途中だったそうで、その後は愛知県の阿久比と大府へ向かうそう。
カトタケさん、多治見です…w。 -end-


# by torimie | 2019-02-27 23:00 | 今日の業務 | Trackback | Comments(0)

【 2019年 02月 26日 】
2/26・川島・K邸(ヒサシ修理・雨とい・棟冠瓦補修など)
2/26

四日市市川島のK邸にて、台風被害の各種補修工事です。
b0036205_23421146.jpg
まずは、車庫のヒサシですが、軒天のベニヤがはがれてしまったので、板金角波にて張り上げ。
ベニヤは、鉄骨に屋根の合板表しで、その表しがめくれたのでした。
雨といも交換。
鼻隠しは、屋根合板に止めてあっただけなのでフラフラ、補強しないと雨とい金具すら取り付かない状態でした。

続けて、本家側の2F雨といの悪いので、交換のため撤去。

寄せ棟の冠瓦が飛散したりずれたりなので、補足と修正。
大屋根の下り小鬼も雪害でしょうか、傾いているので4ヶ所とも補修。
瓦工事ですが、簡易なことなので当方で修理です。

少し早めに撤収し、追加分の金物を引き取りと、水切りの加工。
積み込んで、終了です。 -end-


# by torimie | 2019-02-26 23:00 | 今日の業務 | Trackback | Comments(0)

【 2019年 02月 25日 】
2/24-25・競技大会グラチャン大会にスタッフ参加
2/24-25

早朝より出発し、静岡県富士宮市を目指します。
第1回建築板金競技大会のグランドチャンピオン大会、通称グラチャン大会へ参加です。
会場は、富士教育訓練センター、関係者にはおなじみですね。

おっと、参加と言っても、競技大会の選手ではありません。
歴代統括として、設営スタッフとしての参加ですww
b0036205_07534135.jpg
今回で41回を数える、通常版の建築板金競技大会も開催され、技能競技の部(ZIC)、建築技術の部(NYAC)と2部門が、2月23日24日に開催されています。
それに引き続き、グラチャン大会がダブルヘッダーで開催となりました。
開催にあたり、グラチャン統括のカトタケさんより声をかけていただき、設営スタッフとして出向くこととなったわけです。

新装なった富士教育訓練センターですが、ZICの競技会場となる体育館は、以前のままでしたww
平成以降の大会優勝者から、ZICは9名、NYACは8名の勇士が参加。
メンバーには、カナックスさんも…あ、カリスマでしたな(笑

14時より競技開始。
私は、主にZIC会場にて、サポート。
まあ、すでに私の腕は錆び付いているので、他のスタッフに迷惑をかけないように、余分な作業はしません(ーー;)
ギャラリーみたいなもんです(イイノカ
b0036205_07534105.jpg
furanoさんは、見学者で来たはずでしたが、なぜかスタッフジャンパーを着せられ、初のスタッフツーショット(國さん撮影ありがとう)
伝説の炭屋(ここではお茶屋ではありません)ですからね、設営スタッフの重鎮です。

さて、競技のほうですが、グラチャン大会の課題があまりに難易度が高いために、展開図と板取りは事前宿題となっていました。
実際の競技は、持ち込んだ板取り済みの銅板の加工からスタートです。

ZICの競技時間は3時間30分。
各選手、好調なスタート(のようにみえます)。
前半は、平坦な進行…。
通常大会と異なり、優勝経験者の作業なので、安心してみていられます。

ワッキーさんから、作業態度、整理整頓などのチェックを依頼されましたが、全員、減点無しです。
歴代のチャンピオンなんですよ、作業スペースの整理整頓なんて、できていて当たり前。
それらができないようなレベルじゃ、とうてい優勝なんてできませんよ。
競技大会は、自分との戦いなんです、メンタルも勝負のうちなんです。

後半、各パーツを組立てる者がいる反面、なかなか組み付けに至らない者もいました。
え?まさかの、グラチャンで未完成?マジ?
そんな雰囲気も漂う中、時間は終盤へ。

残り30分のコールを過ぎたあたりから、各選手の手が早まります。
それでも、全体が組み上がっていない選手もあり、見ているこっちがドキドキ。
間に合うのか?どうなるんだ?

と、そんな選手たちが、一気に組み付けにかかります。
え?パーツが引きつけられるように、次々と納まっていく。
まるで、すでに完成したものをばらしてあっただけ、というくらいスムーズに。
ウソだろ…、一体どんな精度で加工してんだ…。

残り5分。
そんな選手たちに、焦りなど感じられません。
最後のラストスパート!
組み付け、ハンダ付け、寸法チェック、そして磨き…。

本当に短い時間内で、あっという間に課題が完成されていきます。
カナックスさんなんか、余裕でこちらに語りかけてくる始末。
おい、口を動かす暇があったら、手を動かしなさいw
そもそも、私語は違反だぞ(謎

最後の1分、各選手、仕上げをして、なんと全員完成!
あんなに苦戦したようにみえて、時間配分も完璧、すばらしい!
さすが、歴代チャンピオンたち!

最後の追い上げ、その雰囲気は周囲を圧倒し、空気までも変えてしまっていました。
競技終了!のコールと共に、会場は拍手の嵐です。
b0036205_07534129.jpg
閉会の挨拶では、村田全板連青年部長が感動のあまり涙ぐむ場面も…。
いや、私共だって同じ気持ちですよ。
グラチャン大会の選手の皆さん、本当にお疲れ様でした、そして、感動をありがとう、です。
カナックスさん、老眼に打ち勝ちましたね(違

われわれスタッフは、残って審査と採点に取りかかります。
私の錆び付いた腕も、ここでは少し役に立ったようです。
24日は夜遅くまで、翌25日は午前中にかけて、審査、採点が行なわれました。
結果は、通常大会と同じスケジュールで報告されるそうです。


今回のグランドチャンピオン大会、私が現役役員のときにも話が出たのですが、その時代は諸般の事情でかないませんでした。
こうやって実現できたことは、OBとしてとてもうれしい限りです。

そして、このグラチャン大会そのものが、私が思い描いていた「競技大会」そのものなのです。
ゴッドハンド中のゴッドハンドの大会であるべき、というのが、私の持論です。
この形が、通常大会にも影響を与えたらいいな、と思います。

そんな大会にスタッフとして参加することができ、カトタケさんをはじめ関係各位に感謝感謝です。
もう来ることは無いかもしれませんが、素晴らしい思い出になりました。
通常大会を含め、参加された選手にみなさん、役員の方々、設営スタッフの方々、たいへんお疲れ様でした、そしてありがとうございました!

(蛇足)
でもやっぱり、「水場」は邪道だ!というのが、私の持論でもあり…。(よしなさい) -end-


# by torimie | 2019-02-25 23:00 | 組合 | Trackback | Comments(0)



|  ▲最新記事へ  |