【 2018年 04月 25日 】
4/25・菰野・S邸(唐草取り付けなど)
4/25

朝のうち、工事打ち合わせや所用など。
朝方までの雨は止んで、急速に回復していったので、現場へ出発。

三重郡菰野町のS邸にて、屋根葺きに先立ち、唐草の取り付けです。
明日の、屋根材荷上げまでに、唐草を取り付けておきます。
b0036205_05392288.jpg
A、B、2棟が隣接していますので、どちらも進めていきます。
足場伝いにA-B間を移動できるので、段取りはいいですね。

唐草取り付け、防水テープ貼り、コーキング、棟の枕木取り付けなど。
A棟はスカイライトチューブが付くので、監督さんに位置出しをしてもらい、屋根に芯を出しておきました。
屋根材の割り付け具合も、想定どおりにいきそうです。

帰社して、片付けと明日の積み込み。
別件、工程の打ち合わせなど。

トップライト交換の案件なんですが、うーん、監督さんが言うほど難しく考える必要あるのかな?
ざっくり撤去して、パッキンで高さ合わせして、新しく取り付けて、屋根水切り(とくに水下側)さえ納まれば、大丈夫なのでは?
ま、今一度、資料を見直して検討してみます。 -end-


[PR]
# by torimie | 2018-04-25 23:59 | 今日の業務 | Comments(0)

【 2018年 04月 24日 】
4/24・加工など
4/24

午前中は少し雨、午後は本降りとなりました。
天気予報を見込んで、加工から始めます。
b0036205_05392276.jpg
昨日のスカイライトチューブ用のカバー水切りです。
ほか、役物なども加工。

加工等を済ませて、事務仕事へ。
手続き書類作成や、雨漏り修理工事提案の写真準備など。

写真は、私の頭の中では理解できていても、それをお客様(素人)に分かりやすく説明するのは、なかなか難しいです。
写真を撮る時点で、説明しやすい(分かりやすい構図で)写真を撮るようにしないといけません。
いわゆる写真の上手下手とは、違うのかもしれませんが、なにを伝えたいかを意識して撮影するのが良いでしょうね。 -end-


[PR]
# by torimie | 2018-04-24 23:00 | 今日の業務 | Comments(0)

【 2018年 04月 23日 】
4/23・別名・A邸(SLT)
4/23

四日市市別名のA邸にて、スカイライトチューブの取り付け工事です。
朝一で、先方監督さんと、設置位置や工程、作業内容の確認。
b0036205_23594755.jpg
室内側の位置決めをしてから、屋根開口。
屋根は板金のたてひら葺きなので、それを開口して、雨仕舞いしていきます。

屋根の水上までは、カバー水切りとなるので、下地を取り付け。
耐水合板を張って、ルーフィング張りとルーフベース取り付けを同時進行。

コーキング、防水テープ、ケミカルテープを組み合わせて、雨仕舞い。
耐火ガラスとクリアドームを取り付けて、加工物の採寸をして、屋根上作業は終了。

室内へ回り、2F床を開口します。
屋根からのチューブを位置確認しながら接続していき、2F床~1F天井裏まで。
各所リベット止めと、支持金物で固定。

最終接続は、1F天井のプラスターボードが張られてからになるので、仮養生して終了。
ちょっと残るかと思いましたが、1日で終了できました。
まあでも、かなーり、しんどかったです…。 -end-


[PR]
# by torimie | 2018-04-23 23:59 | 今日の業務 | Comments(0)

【 2018年 04月 22日 】
4/22・日曜いろいろ(来客ほか)
4/22

日曜日なので?来客などあり。

アール工房さんが、我が家のリフォーム計画の見積りを持参してくださり、説明を伺いました。
ユニットバス、システムキッチン、それら自体に加え、給湯器交換、配管やり替え、若干の間取り変更や、フローリング改修、クロス張り替えなどなど、付帯工事も多いので、まとめるとかなりの金額になってしまいました。

いやはや、取捨選択を迫られます。
そう言いながら、玄関のサッシ交換を見積依頼したのは、ナイショですw。

午後は、保険屋さんの来訪。
目的の手続きは、私が手続き確認して自署するだけ、1分で終わり。

しかし、営業女史殿、それだけではお引き取りになりません。
子供たちの個人年金プランや、他社の保険との比較表などを取り出して、ぜひに!と説明。

かの保険営業氏(この女史とは別の人)の格言。
「どうやって営業するか知ってる?…奪うのよ!!」を地で行ってます。

ともあれ、個人年金の話を持ち出したって、相手は私ですよ、私!!
年金基金理事を16年も承って、先日は理事長代理もした、私ですよ!!

その私に、こともあろうか、生保の個人年金を持ち出したって、そりゃあ、ダメさ。
言っちゃ悪いが、そこに1万円/月を出すなら、厚生年金基金をかけた方が良い。

社会保険なら、全額が所得控除対象だからね~(笑
それに、投資利率が…。
ま、そこは追求せずに、やんわりとお帰りいただきました。

その後、神さんとホームセンターにて、神さんルームの模様替えの資材を下見。
考えがまとまらず、購入無しで帰宅。

というか、壁にオシャレに、すのこを利用したウォールアレンジをしたいそうだけど、昔風の和室、真壁構造なので、取り付けがままならないのさ。
棚をひとつ取り付けるのも、難儀だからね。

でも、再度のホームセンターで仕事の資材を購入しついでに、引き下がらずに点数稼ぎに、神さんの願いを叶えるべく、いくつかの資材を購入。
見た目小ぎれいに、かつ納まり寸法を考慮、かつ神さんの希望に添うように。

( -_-)フッ、やればできるじゃん>自分。
取り付けは、次回で~す(謎 -end-


[PR]
# by torimie | 2018-04-22 23:59 | その他 | Comments(0)

【 2018年 04月 21日 】
4/21・名張・H様(瓦調査)→亀山・Y社(防水調査)→菰野・S邸(ルーフィング)→積込み
4/21

今日は、各所回りの一日。
b0036205_06224811.jpg
最初は、名張市美旗のH様にて、I瓦さんと同行で雨漏り調査です。
2年前にもI瓦さんにて、1F大棟の積み直しをしましたが、今回は下り隅棟での雨漏りでした。

すぐに原因特定して、修理方法をご説明。
2種類のお見積りにて、ご提案します。

名阪国道を移動して、関ドライブインにて休憩と昼食タイム。

午後は、亀山のY社にて、防水のYさんと同行で、屋上防水の雨漏り調査です。
昨年にも防水雨漏りの修理をして、そこは止まっているのですが、別の場所からの雨漏りでした。

会社の事務所はお休みですが、裏階段から入らせてもらい、屋上を調査。
ここも、すぐに原因場所を特定できました。

なぜそうなったのか、経過を想像し、修理方法を選択。
室内への雨漏りを軽減するため、応急処置をしておきました。
Yさんとは、亀山SAにてお別れ。

週末だというのに珍しく夕方の渋滞がない東名阪道を走って、三重郡菰野町へ。
今日はS邸のB棟が建て方だったので、屋根のルーフィング張りです。

先日のA棟と寸法が同じと確認し、作業はサクッと終了。
荷上げの段取りなどを打ち合わせて、終了。

帰社して、月曜日の準備と積み込み。
今週はハードでくたびれましたが、来週もハードな予定です。
連休前のもうひと頑張り、ですね。 -end-


[PR]
# by torimie | 2018-04-21 23:59 | 今日の業務 | Comments(0)

【 2018年 04月 20日 】
4/20・桜台・K邸(雨漏り修理)→別名・A邸(SLT打合せ)
4/20

四日市市桜台のK邸にて雨漏り修理工事です。
主にシーリング打ち換えなどです。
b0036205_22481920.jpg
先日の散水調査で確定した雨漏り原因箇所を中心に、シーリング打ち換えなどをしていきます。
目地の打ち替え部分は、三面接着防止のボンドブレーカーを使用、プライマーも使います。

追加部分も含め、概ね予定どおりで進捗。
K様とIペンキ店さんに確認していただき、作業完了です。

移動して、四日市市別名のA社新築モデルハウスにて、スカイライトチューブ工事の打ち合わせです。
室内側は、梁などの障害物を確認すればOK、しかし、屋根上は…、なんとまだ屋根が施工されていません。
板金屋根と聞いていたので、その納まりを見たかったのですが、葺いてなければしょうがない。

屋根業者さんはこの土日で葺くそうで、なんとか月曜日の朝一からのスカイライトチューブ工事には間に合いそうです。
まあ、同じ板金屋なんで、日程に追われているのは気の毒に感じます…。
現場の監督さんとも打ち合わせができたので、成果はありました。

帰社して、片付けて、明日の移動段取り。
今週は少々お疲れモードですが、もうちょいがんばりましょう。 -end-


[PR]
# by torimie | 2018-04-20 23:00 | 今日の業務 | Comments(0)

【 2018年 04月 19日 】
4/19・段取り各種→菰野・S邸(ルーフィング張り)
4/19

午前中は、段取り各種。
積み込みや資料チェック、手配など。

午後は、菰野町のS社へ、次のスカイライトチューブの材料引き取り。
担当監督によって、材料引き取りだったり現場搬入だったりするのは、なんともアレなんですが、大人の事情なので仕方ない。
今日は荷物が少ないので、無事に積めましたが…。

すぐ近くのS邸へ移動し、屋根のルーフィング張りです。
b0036205_05204494.jpg
使うのは、次世代ルーフィング「ルーフラミテクト」です。
アスファルト不使用の高分子系なので、気温変化や劣化が少なく、高性能が長持ちします。

施工中の靴の裏に付くアスファルトの汚れもありません。
材料も軽いので、オジサンには最適です。←ここ重要w

ここは2棟を一度に建てるやり方なんですが、今回は数日ずらして建てますので、屋根葺きの段取りも少々変更。
屋根の採寸をして、各所の納まり打ち合わせをして、撤収。
大型連休までに混ぜ込めるかなー(謎

帰社して、材料手配、荷上げ日の決定、連絡各所などなど。
まあ、当分、日程調整が難しい日々が続きますが、なんとか乗り越えましょう。 -end-


[PR]
# by torimie | 2018-04-19 23:59 | 今日の業務 | Comments(0)

【 2018年 04月 18日 】
4/18・菰野・某施設(SLT)→東旭が丘・M様(雨漏り調査)
4/18

菰野町の某施設にて、スカイライトチューブ設置工事の続きです。
引き続き、天井裏部分の延長チューブ取り付けです。
b0036205_05413341.jpg
天井吊り用鉄骨に並べてステージとしている足場板を、一部解体して、延長チューブを下へ下ろしていきます。
今日も、レーザーで芯を出して、保持金具の位置を決めていきます。

最後のほうは足元に注意しながらでしたが、天井の高さ付近まで取り付け完了。
末端を養生して、仕上がりとの位置確認をして、ここまでのところは終了です。

休憩もお昼も取らずに進めていたので、遅いランチを済ませて、鈴鹿市へ移動。
東旭が丘のM様にて、雨漏り調査です。

ユニットハウス構造なので、ブロックごとに骨組みが分かれているのですが、そのすき間への雨漏りです。
M様が天井板の一部を剥がしてあったので、そこから内部を調査。

すき間のパッキンが濡れているのが確認できましたが、さらに奥は分かりませんでした。
屋根上で調べてみるも、前回の修理箇所は悪そうな所はありません。

屋根板の端部処理が怪しいとにらみましたが、鉄骨部材が邪魔をして、奥まったところの確認ができません。
バッサリと鉄骨を外すわけにもいかないので、段階的に調べてみることにしました。
原因の目星は付いているのですが、確認できないため、根気よく取り組んでみます。 -end-


[PR]
# by torimie | 2018-04-18 23:59 | 今日の業務 | Comments(0)

【 2018年 04月 17日 】
4/17・菰野・某施設(SLT)
4/17

午後から雨になりましたが、菰野町の某施設にて、スカイライトチューブ設置工事の続きです。
室内作業なので、雨でも大丈夫。
b0036205_05413332.jpg
昨日取り付けたルーフベースから、延長チューブを接続して、天井裏へ設置します。
床の割り付けからレーザーで芯を立ち上げて、位置決めして、保持金具にて固定。

当初は高所作業車での施工予定でしたが、内装下地の進み具合とマッチせず、天井吊り用鉄骨にステージを作ってもらっての作業でした。
結果的には、このほうが作業スペースが広かったので、よかった感じです。

屋根からステージまでの部分は、取り付けできました。
明日は、ステージを一部解体しながら、もう少し下まで下ろします。 -end-


[PR]
# by torimie | 2018-04-17 23:59 | 今日の業務 | Comments(0)

【 2018年 04月 17日 】
4/17・三重大(放射線科診察)
4/17

朝一で出社して、積み込み段取りして、津市の三重大学病院へ。
今日は、放射線科の診察で、先日の造影CTの結果説明。

放射線科は、TM先生。
先日の皮膚科の説明と同様、手術部位には問題無し。
腫瘍も問題無し。
皮膚の炎症(色変化)も治まってきていて、経過は順調。

気になっていた、X線で写った肺の影については、やはり、放射線照射の影響。
治療後、半年くらいまで影響が出るので、もう少し範囲が大きくなるだろうとのこと。

その後は収束するが、その部分はダメになっているので、消えることはないのだと。
ダメになるというのが、壊死なのかなんなのか気になったが、聞けなかった。

だから、来年の健康診断で胸部X線をしたら、影は出るとのこと。
ずっと、そのままらしい。

とくに、咳がひどいとか、息苦しいとか、発熱が続くとかがなければ、様子見で良いらしい。
今までのところ、息苦しさや咳き込むこともないので、これでいいんだろう。

これの治療が必要になるのは、希なケースらしいが、そもそも基底細胞癌が転移すること自体が珍しいので、そのパターンになるかも?
いやまあ、いずれにせよ、継続的に経過観察しかないのだが…。

皮膚科の説明と合わせて、ひとまずは、安心。
長かった手術入院と放射線治療は、うまくいったということ。

今後の事(再発)が不安だが、まあ、それを心配しても仕方ない。
じっくりと経過観察で、様子をみていこう。 -end-


[PR]
# by torimie | 2018-04-17 12:59 | 病気 | Comments(0)



|  ▲最新記事へ  |